公益財団法人 京都古文化 保存協会

  • トップページ
  • トピックス
  • 京都古文化保存協会について
  • 事業活動のご紹介
  • 非公開文化財特別公開事業
  • 「京都和敬会」(友の会)会員募集
  • 団体概要
  • お問い合わせ
  • 各種お申し込み
  • 個人情報取扱について

トピックス

朝日カルチャーセンター・京都 公開講座『 京の匠の技 大見学会 』のご案内

 公益財団法人京都古文化保存協会・文友会 協力講座

 朝日カルチャーセンター京都教室では「京の匠の技」を見て、聞いて、体験していただける講座の開講を予定しています。
 本講座では建築、表具、彩色、飾り金具、檜皮葺、畳、瓦など、京都の伝統技術のスペシャリスト集団「文友会」の職人よる実演の見学や、カンナ削りや丸太組、檜皮葺などのミニ体験、そして職人との会話を通じて文化財修復の奥深い世界に触れていただけます。
 また、京都文化博物館の学芸員を22年勤められ、現在京都外国語大学教授・国際文化資料館館長の南博史先生を講師としてお招きし、文化財の歴史と未来についてご講義いただきます。
是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京の匠の技 大見学会(京都古文化保存協会・文友会協力講座)
聞いて・見て・体験して知るホンモノのすごさ!
【日時】 2016年2月13日(土) 10:00〜12:30
【会場】 京都JA会館 6階(京都駅八条口から徒歩6分)
【講師】 京都外国語大学教授・国際文化資料館館長 南 博史
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

『 第15回 文化財修理修復保全の無料相談会 』実施のお知らせ

 平成28年2月13日(土)に「第15回文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都市で開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。

 「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。また同時開催の「匠の技展」では、文化財を育む技術を体感できる「伝統技術の体験コーナー」を設置致します。

【日時】 平成28年2月13日(土)
・無料相談会  午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・体験コーナー 午後1時 〜午後4時まで
【場所】 京都JA会館 6階
京都市南区東九条西山天王町1番地
【申込方法】 事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
※体験コーナーへの申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。
  詳細はこちら

『 第53回 小中学生記者の文化財取材コンクール 』審査結果のお知らせ

 平成27年7月28日(火)に実施致しました「第53回 小中学生記者の文化財取材コンクール」において、多数の小中学生にご参加頂きありがとうございました。
 ご応募頂きました作品に関して厳正に審査をさせて頂きました結果、別紙の通り入賞者が決定いたしましたので、ご報告させて頂きます。また、各賞の入賞者と一部の作品は平成27年11月5日付の京都新聞に掲載されております。
 なお、入賞者への表彰は平成27年11月11日(水)に京都新聞文化ホールにて開催致しました。

コンクール入賞者一覧

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開」を平成27年10月30日から11月8日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(春季)の開催は平成28年4月29日(金)〜5月8日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ご案内させて頂きます。

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開開催のお知らせ

 平成27年度「第51回京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算68回目の開催になります。今回は「昼の部」と「夜の部」を開催します。「昼の部」の拝観時間は午前9時から午後4時までで、19ヶ所を公開します。「夜の部」の拝観時間は午後5時30分から午後8時30分までで、2ヶ所を公開します。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】
平成27年10月30日(金)〜11月8日(日) ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
「冷泉家」は10月31日(土)〜11月3日(火)
「法然院」は11月1日(日)〜11月7日(土)

【時 間】
「昼の部」午前9時〜午後4時(拝観受付)
「夜の部」午後5時30分〜午後8時30分(拝観受付)
※ 石見神楽と今様(白拍子)は、それぞれの公開場所でいずれかを1日1回ご奉納します。

【拝観料】
1ヶ所大人800円、中高生400円
※「東寺 講堂・五重塔」は一部拝観料が異なります。
※「龍安寺 蔵六庵」は「龍安寺」通常拝観もご覧いただけます。 .

【その他】
基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122

開催要項はこちら

特別公開リーフレットはこちら

「第51回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

「平成27年度 第51回京都非公開文化財 特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、10月30日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した商品として、「第51回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,650円
 ・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
 ・京都1日観光きっぷ      1,200円
  ※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
 拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
 割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
 ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成27年11月8日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話(075)754-0120(平日10〜17時)
  詳細はこちら

朝日カルチャー「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観のご案内

 朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において「平成27年度 京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみ頂けるように、「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観シリーズとして下記の3講座が開講されます。
 講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話を聴くことができる講座もございますので、是非この機会にご参加下さい。
 詳細はこちらをご確認下さい。

● 東寺・十二神将の魅力
 日時:11月2日(月)13:00〜16:30
 講師:同志社大学教授 井上 一稔
  詳細はこちら

● 寺社彩色の現場と東寺拝観
 日時:11月4日(水)13:00〜16:30
 講師:(有)川面美術研究所 代表取締役所長 荒木 かおり
  詳細はこちら

● 瓦から学ぶ寺院建築と泉涌寺の即成院拝観
 日時:11月5日(木)13:00〜16:30
 講師:株式会社寺本甚兵衛製瓦 代表取締役 寺本 光男
  詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto/

「文化財とファッション〜京の美を巡って〜」のご案内

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室において、当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が朝日新聞ファッション担当編集委員高橋牧子さんと対談する「文化財とファッション〜京の美を巡って〜」が下記の通り開講されます。
 「文化財の保護」と「ファッション」という異なる視点から、二人の講師による対談を通して、それぞれの領域の特性を踏まえながら、美を巡る共通の感覚を探ります。
 東京(新宿)での開催になりますが、他では見ることができない異色のコンビによる講座となっておりますので、是非この機会にご参加下さい。

【日時】 10月25日(日) 14:30〜16:00
【場所】 新宿住友ビル7階(朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室)
【受講料】 3,024円

詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ・お申込み>
■朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
住所:東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル4階 (受付)
電話:03−3344−2041(平日9:30〜19:00 / 土9:30〜18:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/shinjuku

日本美術シンポジウム「京都から世界へ!そして未来へ!」ご案内

 東日本大震災以来、京都においても被災時の対策を考える機会が多くなっております。その一端として、日本美術シンポジウム「京都から世界へ!そして未来へ!」(主催:京都嵯峨芸術大学)が開催されます。文化財の防災や有事の対応を学び、文化財をいかに守るかを考える機会になるかと思いますので、ご案内致します。

【開催日時】 2015年10月24日(土)
〈受付〉12:00(12:30〜バーチャルリアリティー映像を上映します。)
〈時間〉13:00〜17:00
【場所】 京都嵯峨芸術大学本部キャンパス「講堂」 京都市右京区嵯峨五島町1番地
【内容】 主催者挨拶 服部精村大覚寺派宗務総長・京都嵯峨芸術大学理事長
  ご挨拶 門川大作京都市長
  基調講演
「世界の中の日本美術」
  三笠宮彬子女王殿下
  「在外日本の美術の日本における啓蒙活動」
  ジョー・プライスご夫妻(司会 佐々木正子)
  「日本文化・文化財の未来の為に考えるべき事」
  京都国立博物館 佐々木丞平館長
  「復元による技術継承」
  一般材財団法人日本伝統織物研究所 龍村光峯代表理事
  「被災文化財への対応について」
  株式会社岡墨光堂代表取締役 岡岩太郎社長
  「文化財環境のバーチャルリアリティー化による可能性」
  凸版印刷株式会社文化事業推進本部 奥窪宏太氏
【参加費】 無料
【申込方法】 1つの組織から複数の参加が出来ます。 1人1枚ずつ申込用紙に記入して、FAXか郵送でお申込み下さい。
申込用紙はこちら
(FAX)075−881−7133
(宛先)〒616−8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地
京都嵯峨芸術大学 シンポジウム係
【応募締切】 10月17日(土)当日消印有効
【お問合せ先】 075−864−7898
【応募締切】 京都嵯峨芸術大学 シンポジウム係
※当日は申込用紙をご持参下さい。参加証となります。

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開開催のお知らせ

 平成27年度「第51回京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算68回目の開催になります。今回は「昼の部」と「夜の部」を開催します。「昼の部」の拝観時間は午前9時から午後4時までで、19ヶ所を公開します。「夜の部」の拝観時間は午後5時30分から午後8時30分までで、2ヶ所を公開します。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】
平成27年10月30日(金)〜11月8日(日) ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
「冷泉家」は10月31日(土)〜11月3日(火)
「法然院」は11月1日(日)〜11月7日(土)

【時 間】
「昼の部」午前9時〜午後4時(拝観受付)
「夜の部」午後5時30分〜午後8時30分(拝観受付)
※ 石見神楽と今様(白拍子)は、それぞれの公開場所でいずれかを1日1回ご奉納します。

【拝観料】
1ヶ所大人800円、中高生400円
※「東寺 講堂・五重塔」は一部拝観料が異なります。
※「龍安寺 蔵六庵」は「龍安寺」通常拝観もご覧いただけます。 .

【その他】
基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
 
  開催要項はこちら

事務局移転のお知らせ

 平成27年7月27日(月)に当協会の事務局を移転することとなりましたので、お知らせいたします。7月27日以降のお問い合わせは以下の住所、電話番号へお願い致します。

【新住所】 京都市左京区吉田河原町14 京都技術科学センター1階7号室
【新電話番号】 TEL 075-754-0120  FAX 075-754-0122

第53回 小中学生記者の文化財取材コンクール実施のお知らせ

 第53回小中学生記者の文化財取材コンクールを京都市にて開催することになりましたので、お知らせいたします。
 本事業は文化財保護の次世代を担う小学生・中学生を対象に、取材を通して文化財への関心を深め、愛護の精神を養うことを目的として昭和37年から実施している事業です。

【日時】 平成27年7月28日(火)午後1時半〜午後4時半(午後1時より受付開始)
【取材場所】 京都市考古資料館(京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町651-1)
       烏丸綾小路平安京跡(中学生のみ )
【テーマ】 ― 平安京をのぞいてみよう ―
【対象】 京都府内に在住または通学する小学生・中学生
     ※参加にあたっては先生または保護者の引率が必要です。
 
  詳細はこちら

第14回 文化財修理修復保全の無料相談会実施のお知らせ

 平成27年7月18日(土)に「第14回文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都市で開催する事が決定いたしましたのでお知らせ致します。
 「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。また同時開催の「匠の技展」では、文化財を育む技術を体感できる「伝統技術の体験コーナー」を設置いたします。

【日時】 平成27年7月18日(土)午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
【場所】 京都テルサ 東館2階 第2・3セミナー室京都市南区東九条下殿田町70番地
【申込方法】 事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
       ※体験コーナーへの申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。
  詳細はこちら

テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝〜探訪 非公開文化財〜」のご案内

 BS朝日とテレビ朝日映像の制作、並びに朝日新聞社の協力で、本協会が実施する「京都非公開文化財特別公開」事業及び、文化財所有者の想いや、文化財の保存修理を行う方々の苦労等を紹介し、文化財保護の重要性を伝える内容の番組が放送されることになりました。俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんが進行役となり、文化財保護の現場を紹介していきます。
 文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください。

【番組タイトル】 「春の京都・眠れる秘宝 〜探訪 非公開文化財〜」
【放送日時】 2015年4月12日(日) 午後1:00〜2:00
【放送局】 BS朝日
こちらからもご確認頂けます。 BS朝日の番組ホームページ

平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開」を平成27年4月29日から5月10日までの12日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(秋季)の開催は平成27年10月30日(金)〜11月8日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ご案内させて頂きます。

「京の秘宝拝観と匠の技見学講座」のご案内

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室において「平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみ頂けるように、「京の秘宝拝観と匠の技見学講座」が下記の通り開講されます。
 講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話も聴くことができますので、是非この機会にご参加下さい。  
 (朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 )

● 伏見稲荷大社拝観と錺金具工房の見学
 日時:4月30日(木)13:00〜17:00
 講師:森本錺金具製作所代表取締役 森本 安之助
   詳細はこちら

● 石清水八幡宮で学ぶ檜皮葺の技と檜皮葺体験
 日時:5月1日(金)13:00〜17:00
 講師:宮川屋根工業代表取締役 宮川 義史
   詳細はこちら

● くろ谷金戒光明寺で学ぶ寺社修理の実際
 日時:5月2日(土)13:00〜16:30
 講師:伸和建設株式会社取締役設計部長 小西 隆夫
   詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室までお願い致します。
また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

■朝日カルチャーセンター朝日 JTB・交流文化塾京都教室
 電話:075-231-9693
 ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto/

平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開実施のお知らせ

 平成27年度「春季京都非公開文化財特別公開」を開催致します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算67回目の開催になります。別紙の通り今回は19か所を公開します。
 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】平成27年4月29日(水・祝)〜5月10日(日)
     ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
【時 間】午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】1ヶ所大人800円、中高生400円
     ※「毘沙門堂」及び「東寺五重塔」については一部拝観料が異なる場合があります。
【その他】基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。
【お問い合せ】公益財団法人京都古文化保存協会事務局
       電話075-561-1795/FAX075-561-1791。

 開催要項はこちら

 特別公開リーフレットはこちら

第52回 小中学生記者の文化財取材コンクール審査結果のお知らせ

 平成26年8月6日に実施致しました「第52回 小中学生記者の文化財取材コンクール」において、多数の小中学生にご参加頂きありがとうございました。
 ご応募頂きました作品に関して厳正に審査をさせて頂きました結果、別紙の通り入賞者が決定いたしましたので、ご報告させて頂きます。また、各賞の入賞者と一部の作品は平成26年11月14日付の京都新聞に掲載されております。
 なお、入賞者への表彰は平成26年11月17日(月)に伏見稲荷大社社務所豊穣殿にて開催致しました。

 コンクール入賞者一覧

 

 最新のトピックス一覧はこちら

このページの先頭へ戻る

公益財団法人 京都古文化保存協会
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町14 京都技術科学センター1階7号室
Tel:075-754-0120 Fax:075-754-0122 goiken@kobunka.com