公益財団法人 京都古文化 保存協会

  • 松花堂
  • 寂光院
  • 妙心寺
  • 知恩寺
  • 永観堂禅林寺
  • 松花堂

トピックス

【特別公開】「文化財まもる+きっぷ」のご案内

「奉祝 天皇陛下御即位 第55回 京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」 の発売について

 「奉祝 天皇陛下御即位 第55回 京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、11月1日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した商品として「京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷセットプラン」を発売中です。
 上記「きっぷ」を利用することで「京都非公開文化財特別公開」を効率的に巡ることができます。日頃、目にすることの出来ない文化財と出会い、古の京都を感じる。そんな京都の秋を存分にお楽しみください。

【発売額】 ◇京都市交通局 市営地下鉄、市バス、京都バス(一部路線を除く)、 
京阪バス(一部路線を除く)が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,350円
 ・二日券   2,150円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・京阪電車 大阪・京都1日観光きっぷ   1,700円
 ・京阪電車 京都1日観光きっぷ      1,250円
※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 令和元年11月10日(日)
【有効期間】 令和元年11月1日(金)〜 令和元年11月10日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。
【お問い合わせ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話(075)754-0120(平日10〜17時)
詳細はこちら

【特別公開】第55回京都非公開文化財特別公開のご案内

 奉祝 天皇陛下御即位「令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開」を開催します。

 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算76回目の開催になります。今回は京都市内19か所、八幡市内2か所の計21か所を公開します。公開場所によって公開期間や時間が異なりますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に役立てられます。

【期 間】 令和元年11月1日(金) 〜 11月10日(日)
※「大覚寺 秩父宮御殿・庭湖館」:11月3日(日)及び10日(日)は
正午までの受付となり、午後から拝観休止となります。
※「冷泉家」:11月1日(金)から4日(月・振休)までの公開です。
※「法然院」:11月1日(金)から7日(木)までの公開です。
※「東福寺 三門」:11月1日(金)から17日(日)までの公開です。
※「東寺 講堂・五重塔」:10月26日(土)から11月10日(日)まで
の公開です。
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
※「東寺 講堂・五重塔」は午前8時から午後4時30分までの受付です。
【拝観料】 1か所 大人800円、中高生400円
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局まで
ご連絡をお願いします。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話 075-754-0120/FAX 075-754-0122 (平日 午前9時〜午後5時)
開催概要 チラシ

【記者コン】「第57回小中学生記者の文化財取材コンクール」実施のお知らせ

 テーマ「京都の伝統の技を体験してみよう!」

 「第57回小中学生記者の文化財取材コンクール」を京都市男女共同参画センターウィングス京都イベントホール(京都市中京区)にて開催することになりましたので、お知らせいたします。
 本事業は文化財保護の次世代を担う小学生・中学生を対象に、取材を通して文化財への関心を深め、愛護の精神を養うことを目的として昭和37年から実施している事業です。

【日時】 令和元年7月27日(土)
受付…
小学生/午後1時から
中学生/午後2時から
取材…
小学生/午後1時30分から午後4時まで
中学生/午後2時30分から午後4時30分まで
【取材場所】 京都市男女共同参画センターウィングス京都イベントホール
(京都市中京区東洞院通六角下る)
【対象】 京都府内に在住または通学する小学生・中学生
※参加にあたっては先生または保護者の引率が必要です。
【お問合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
(平日10時〜17時)
E-mail:goiken@kobunka.com
詳細はこちら

【ドック】『 第22回 文化財修理修復保全の無料相談会 』実施のお知らせ

 令和元年7月27日(土)に「第22回 文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を、京都市中京区にある京都市男女共同参画センターウィングス京都で開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。
 「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。また文化財ドックと同時開催される「匠の技展と体験コーナー」では、一般の方々や子どもたちにも文化財の伝統技術に触れて楽しく体験していただきたく、是非ご参加をお待ちしております。

【日時】 令和元年7月27日(土)
・無料相談会  午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・匠の技展と体験コーナー 午前10時〜午後4時まで
【場所】 京都市男女共同参画センター ウィングス京都 イベントホール
京都市中京区東洞院通六角下る
※一般来館者用の駐車場はありませんので、電車・バスをご利用下さい
[交通機関]
・地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または
地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)下車徒歩5分
【申込方法】 相談会参加の場合は事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい
(氏名・住所・来場希望時間・文化財名・相談内容をご連絡下さい)
※「匠の技展と体験コーナー」は参加自由(無料)
・申込不要ですのでお気軽にお立ち寄り下さい
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局(平日10時〜17時)
電話:075-754-0120/FAX:075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com 詳細はこちら

【特別公開】奉祝「春期京都非公開文化財特別公開」終了のお知らせ

 天皇陛下御即位奉祝「春期京都非公開文化財特別公開」を平成30年4月26日から令和元年5月6日までの11日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。  次回(秋期)の開催は令和元年11月1日(金)〜11月10日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

【記者コン】中学生記者、文化財取材!

 昨年実施された「第56回小中学生記者の文化財取材コンクール」で入賞した2名の中学生が、今春の京都非公開文化財特別公開にて公開される金戒光明寺山門(京都市左京区黒谷町)を一足早く訪ねて取材し、記事を作成してもらいました。作成して頂きました記事を掲載させて頂きますので、是非ご一読下さい

 取材記事はこちら

【Information】Spring Special Exhibition 2019

Notice of Celebration for New Emperor’s Enthronement Spring Special Exhibition 2019

 Special Exhibition that Kyoto Heritage Preservation Association sponsors is a rising awareness activity for heritage preservation since 1965. Under the aim for enhancing the interest of citizens and nations for preserving heritages, we have held a special exhibition every spring and autumn. This autumn is the 75th opening. The venues for the special exhibition are 19 places in around Kyoto-shi, and 1 place in Yawata-shi. (total of 20 places) this time. Opening days depend on the venues, therefore we recommend checking the information guide before your visit.
 Your admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages to pass down through next generations and the future.

 Venues  Location
1. Kamigamo-jinja Shinto Shrine Kita-ku, Kyoto-shi
2. Ninna-ji Temple’s Kondo and Kyozo Ukyo-ku, Kyoto-shi
3. Kitano Tenmangu Shrine Kamigyo-ku, Kyoto-shi
4. Jiju-in Temple
5. Hokyo-ji Temple
6. Kosho-in Temple
7. Sanjichion-ji Temple
8. Shimogamo-jinja Shrine Sakyo-ku, Kyoto-shi
9. Konkai-komyo-ji Temple’s Sanmon
10. Shogo-in Temple and Sekizen-in Temple
11. Tokujomyo-in Temple Higashiyama-ku, Kyoto-shi
12. Chion-in Temple’s Ohojo, Kohojo&Hojo Garden
13. Choraku-ji Temple
14. Sennyu-ji Temple’s Honbo
15. Bishamon-do Yamashina-ku, Kyoto-shi
16. Ansyo-ji Temple
17. Zuishin-in Temple
18. Kaju-ji Temple
19. To-ji Temple’s Five-Storied Pagoda Minami-ku, Kyoto-shi
20. Iwashimizu Hachimangu Shrine Yawata-shi

Period
April 26, 2019 ? May 6, 2019 (except below)
□Konkai-komyo-ji Temple’s Sanmon: April 28, 2019 ? May 6, 2019
□Chion-in Temple’s Ohojo, Kohojo&Hojo Garden: April 28, 2019 ? May 10, 2019
□Choraku-ji Temple: May 1, 2019 ? May 10, 2019
□Bishamon-do and Ansyo-ji Temple: April 26, 2019 ? May 10, 2019

Acceptance Time
9 a.m. ? 4 p.m. (except below)
□To-ji Temple’s Five-Storied Pagoda: 8a.m.−4:30 p.m.

Admission Fee
Adults: \800
Senior high/Junior high: \400
□Admission fee of Shogo-in Temple includes Sekizen-in Temple.
□Extra \500 as temple entrance fee is necessary in Sennyu-ji Temple.

Sponsor/Contact
Kyoto Heritage Preservation Association
E-mail: goiken@kobunka.com / URL: http://www.kobunka.com/

Others
□This special exhibition is for rising awareness of heritage preservation.
□Admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages.
□Students belong to Kansai Antique Union take charge of security and guidance.
□Reservation is not necessary unless over 15 people group. In other words, a reconversion is required for over 15 people group.

天皇即位献礼 春季京都珍藏文化??特?展? 相?事宜

展?期?:平成31年(2019年)4月26日(周五)-5月6日(周一)
*?所、??敬??参下表

景点 详细地址
1.上?茂神社 京都市北区
2.仁和寺 金堂・?藏 京都市右京区
3.北野天?? 京都市上京区
4.慈受院
5.宝?寺
6.光照院
7.三?知恩寺
8.下?神社 京都市左京区
9.金戒光明寺 山?
10.??院・?善院
11.得?明院 京都市東山区
12..知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭院
13.??寺
14.泉涌寺
15.毘沙?堂 京都市山科区
16.安祥寺
17.随心院
18.?修寺
19.?寺 五重塔 京都市南区
20.石清水八幡? 八幡市

*参展景点及内容?平成31年1月25日?定事宜,?因祭祀、法事等原因出????更,敬??解。 *?更内容敬?参考京都古文化保存?会网址主?(http://www.kobunka.com)

【日期】平成31年4月26日(周五)-5月6日(周一)

  • *金戒光明寺 山?的参展日期?4月28日(周日)-5月6日(周一)
  • *知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭院的参展日期?4月28日(周日)-5月10日(周五)
  • *??寺的参展日期?5月1日(周三)-5月10日(周五)
  • *毘沙?堂、安祥寺的参展日期?4月26日(周五)-5月10日(周五)

【??】上午9?-下午4?(参?接待)

  • *?寺 五重塔的接待???上午八?至下午四?三十分

【?用】各?均成人800日元,初、高中生400日元

  • *由?位成人所携至多一名小学生或儿童可享受免票?惠
  • *??院・?善院用一?分的参??参?能得到
  • *泉涌寺 本坊?需登山?票500日元

【主?】公益??法人京都古文化保存?会

?情咨? 公益??法人京都古文化保存?会事?局
e-mail:goiken@kobunka.com URL:http://www.kobunka.com

  • *京都珍藏文化??特?展?是?宣?文化??保?而??的公益活?,活?收入将被用于文化??事?
  • *展?期?,由?西学生古美??盟下属大学的大学生??相?安保及引?工作
  • *参?者无需事前??,于???票即可参?。?外,15人以上?体参???提前??告知

  京都珍藏文化??特?展?始于昭和40年,旨在通???文化??的参?活?,?富广大市民精神生活,并在此基?之上?国民之于文化??的?心和??。本活??年于春、秋?季各??一次,本次已是第七十五届。本次活?中包括京都市19?、八幡市1?在内共?20?寺?、神社参展。由于根据展??所的不同展???存在差?,相?要?敬?事前??。?使宝?的文化??能???流?后世,此次活?所得收入将悉数投入文化??的?修保存事?之中。

【特別公開】奉祝 天皇陛下御即位「春期京都非公開文化財特別公開」開催

 奉祝 天皇陛下御即位「春期京都非公開文化財特別公開」を開催します。

 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算75回目の開催になります。今回は京都市内19か所、八幡市内1か所の計20か所を公開します。公開場所によって公開期間や時間が異なりますので、ご来場いただく前に当ホームページ等にて事前にご確認をお願いします。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に役立てられます。

【期 間】 平成31年4月26日(金)〜5月6日(月・休)
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1か所大人800円、中高生400円
※保護者同伴につき、小学生以下のお子様一名の拝観料は
頂戴しておりません。
※「泉涌寺 本坊」は別途入山料500円必要です。
【拝観場所】
[京都市]  
(北区) 上賀茂神社
(右京区) 仁和寺 金堂・経蔵
(上京区) 北野天満宮、慈受院、宝鏡寺、光照院、
三時知恩寺
(左京区) 下鴨神社、金戒光明寺山門、聖護院・積善院
(東山区) 得淨明院、知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園、
長楽寺、泉涌寺 本坊
(山科区) 毘沙門堂、安祥寺、隨心院、勧修寺
(南区)  東寺 五重塔
[八幡市] 石清水八幡宮
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は
事前に事務局までご連絡をお願いします。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
(平日 午前9時〜午後5時)

【ドック】『 第21回 文化財修理修復保全の無料相談会 』実施のお知らせ

 平成31年2月23日(土)に「第21回 文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を、京都市南区にある京都市市民防災センターで開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。
 「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。また文化財ドックと同時開催される「匠の技展と体験コーナー」では、一般の方々や子どもたちにも文化財の伝統技術に触れて楽しく体験していただきたく、是非ご参加をお待ちしております。

【日 時】 平成31年2月23日(土)
・無料相談会  午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・匠の技展と体験コーナー 午前10時〜午後4時まで
【場 所】 京都市市民防災センター
京都市南区西九條菅田町7番地
※国道十条交差点の北東角
※駐車スペースに限りがございますので、公共交通機関をご利用下さい
[交通機関]
・近鉄「十条駅」より西へ徒歩8分
・地下鉄「十条駅」より西へ徒歩18分
・市バス(16・19・42系統)「市民防災センター前」下車すぐ
・市バス(78・202・208系統)「東寺南門前」下車南へ徒歩8分
【申込方法】 相談会参加の場合は事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい
(氏名・住所・来場希望時間・文化財名・相談内容をご連絡下さい)
※「匠の技展と体験コーナー」は参加自由(無料)・申込不要ですので
お気軽にお立ち寄り下さい

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局(平日10時〜17時)
電話:075-754-0120/FAX:075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com

詳細はこちら

【特別公開】平成30年度 第54回京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成30年度 第54回京都非公開文化財特別公開」を平成30年11月1日から11月11日までの11日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(春期)の開催は平成31年4月26日(金)〜5月6日(月・祝)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

【特別公開】知恩院大方丈・小方丈・方丈庭園の拝観休止予定

 知恩院大方丈・小方丈・方丈庭園の拝観休止時間についてのご案内

 知恩院大方丈・小方丈・方丈庭園の拝観に関しまして、下記の時間は勤行により大方丈・小方丈の拝観を休止させて頂きます。尚、庭園は拝観可能です。

 11月1日(木)09:00〜09:40、12:50〜13:20
 11月2日(金)11:00〜11:30

【特別公開】京都古文化保存協会オリジナルグッズのご案内

 京都古文化保存協会オリジナルご朱印帳とトートバックのセットを販売致します。

 京都古文化保存協会のオリジナルグッズができました! 特別公開へ持って行くのにピッタリな御朱印帳とトートバッグのセットです。 デザインは浄土宗西山禅林寺派瑞泉寺の御住職でもあるイラストレーターの中川学さんにお願いしました。

販売価格 2,500円(税込・送料別)※セットのみの販売です
購入方法 京都古文化保存協会事務局まで電話、FAX、メールにてご連絡下さい。
電話:075-754-0120(平日午前10時〜午後5時)
Fax:075-754-0122
Email:goiken@kobunka.com
FAX、メールの場合はお名前、ご住所、電話番号、 購入セット数、
お支払方法を明記の上ご連絡をお願い致します。
支払方法 銀行振込、現金書留にて承ります。
≪お振込先口座≫
京都銀行 西山科支店 普通3607390
公益財団法人京都古文化保存協会
ザイ)キヨウトコブンカホゾンキヨウカイ

【送料及び商品の発送に関して】
個数に関わらず1回のご注文毎に510円のご負担をお願い致します。
商品はご入金の確認後の発送になるため、商品の到着までお時間を頂く場合があります。
予めご了承下さい。

○第54回京都非公開文化財特別公開の期間中(11月1日〜11日)は公開場所の一部受付にて販売する予定です。

【特別公開】公開日時が異なる公開場所が有りますのでご注意ください

 平成30年度 第54回京都非公開文化財特別公開において、開催日時の異なる公開場所があります。開催日程の一覧表を作成致しましたので、事前のご確認をお願い致します。

 特に、「冷泉家」、「法然院」、「光雲寺」の拝観を予定されている方は事前のご確認をお願い致します。

  特別公開の日程一覧表はこちら

 11月17日時点の情報を基に作成しております。神事法要等により変更になる事がございます。その場合は当HP(http://www.kobunka.com/)やTwitter(@kyoto_kobunka) でご案内致します。

【特別公開】「文化財まもる+きっぷ」のご案内

「平成30年度 第54回 京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」 の発売について

 「平成30年度 第54回 京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、11月1日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した商品として「京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷセットプラン」を発売中です。
 上記「きっぷ」を利用することで「京都非公開文化財特別公開」を効率的に巡ることができます。日頃、目にすることの出来ない文化財と出会い、古の京都を感じる。そんな京都の秋を存分にお楽しみください。

【発売額】 ◇京都市交通局 市営地下鉄、市バス、京都バス(一部路線を除く)、 
京阪バス(一部路線を除く)が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,350円
 ・二日券   2,150円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・京阪電車 大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
 ・京阪電車 京都1日観光きっぷ      1,200円
※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成30年11月11日(日)
【有効期間】 平成30年11月1日(木)〜 平成30年11月11日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。
【お問い合わせ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話(075)754-0120(平日10〜17時)
詳細はこちら

【特別公開】朝日カルチャーセンター 京都教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成30年度「第54回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 茶道藪内家ゆかりの茶庭、南禅寺・大寧軒を訪れる
【日 時】 平成30年11月1日(木)13:30〜16:30
【講 師】 植彌加藤造園株式会社代表取締役社長 京都造形芸術大学教授 加藤 友規
詳細はこちら

【講座名】 六道珍皇寺の薬師如来坐像と西福寺の阿弥陀如来坐像の魅力
【日 時】 平成30年11月2日(金)13:00〜16:30
【講 師】 同志社大学教授 井上 一稔
詳細はこちら

【講座名】 石清水八幡宮の国宝の本殿と社殿の建築の魅力
【日 時】 平成30年11月10日(土)13:00〜16:30
【講 師】 京都造形芸術大学教授 中村 利則
詳細はこちら

【講座名】 天台宗門跡寺院・妙法院拝観と狩野派の障壁画鑑賞
【日 時】 平成30年11月11日(日)13:30〜16:30
【講 師】 嵯峨美術大学教授 佐々木 正子
詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター 京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

【特別公開】朝日カルチャーセンター 名古屋教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター名古屋教室(名古屋市中区)
 秘仏秘宝の見どころ 京都非公開文化財特別公開に寄せて

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 名古屋教室において平成30年度「第54回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。場所は地下鉄栄駅から徒歩約7分です。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 秘仏秘宝の見どころ
京都非公開文化財特別公開に寄せて
【日 時】 平成30年10月10日(水)13:00〜14:30
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会
常務理事兼事務局長 後藤 由美子
詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター名古屋教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ>
朝日カルチャーセンター 名古屋教室
電話:052−249−5553
(月〜土 9:30〜18:30 / 日 9:30〜16:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nagoya

【特別公開】京都定期観光バスのご案内

 京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画のご案内

平成30年度「秋期京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画として以下のコースが設定されることになりましたのでご案内します。

STコース: 秋の特別公開文化財めぐり 

※六道珍皇寺、建仁寺 開山堂・浴室、知恩院 大方丈・小方丈、妙法院がコースに含まれております。
※ご昼食は、有名な小川治兵衛作庭の庭園と数寄屋造りの別館を有す京都らしい閑雅な和風旅館 白河院にて、「京料理」をお楽しみください。

詳細はこちら パソコンから
  スマホから

定期観光バスに関するお問合せ・お申し込みは、京都定期観光バス予約センターまでお願いします。
電話 075-672-2100(7:40〜20:00)

【Information】Autumn Special Exhibition 2018

 Notice of Autumn Special Exhibition 2018

 Special Exhibition that Kyoto Heritage Preservation Association sponsors is a rising awareness activity for heritage preservation since 1965. Under the aim for enhancing the interest of citizens and nations for preserving heritages, we have held a special exhibition every spring and autumn. This autumn is the 74th opening. The venues for the special exhibition are 16 places in around Kyoto-shi, and 2 places in Yawata-shi. (total of 18 places) this time. Opening days depend on the venues, therefore we recommend checking the information guide before your visit.
Your admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages to pass down through next generations and the future.

 Venues  Location
1. Kamigamo-jinja Shinto Shrine Kita-ku, Kyoto-shi
2. Kitano Tenmangu Shrine Kamigyo-ku, Kyoto-shi
3. Reizei Family’s House
4. Shimogamo-jinja Shrine Sakyo-ku, Kyoto-shi
5. Hakusasonso Hashimoto Kansetsu Garden and Museun
6. Honen-in Temple
7. Koun-ji Temple
8. Dainei-ken Temple (part of Nanzen-ji Temple)
9. Murin-an
10. Chion-in Temple’s Ohojo, Kohojo & Hojo Garden Higashiyama-ku, Kyoto-shii
11. Kennin-ji Temple’s Kaisando & Sauna room
12. Kyusho-in Temple (part of Kennin-ji Temple)
13. Rokudochinno-ji Temple (part of Kennin-ji Temple)
14. Saifuku-ji Temple
15. Myoho-in Temple
16. To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda Minami-ku, Kyoto-shi
17. Iwashimizu Hachimangu Shrine Yawata-shi
18. Shokado Garden and Museum

Period
November 1, 2018 - November 11, 2018 (except below)
□Reizei Familiy’s House: November 1, 2018 - November 4, 2018
□Honen-in Temple: November 1, 2018 - November 7, 2018
□To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda: October 27, 2018 - November 11, 2018

Acceptance Time
9 a.m.-4 p.m.
□Murin-an: 7:30 a.m.-4:30 p.m.
□Koun-ji Temple:
9:00 a.m. - 3:30 p.m. in November 1, 2018
9:30 a.m. - 4:00 p.m. in November 2, 2018
12:00 a.m. - 4:00 p.m. in November 8, 2018
11:00 a.m. - 4:00 p.m. in November 9, 2018.

Admission Fee
Adults: \800
Senior high/Junior high: \400

Sponsor/Contact
Kyoto Heritage Preservation Association
Tel: 075-754-0120 / Fax: 075-754-0122 / E-mail: goiken@kobunka.com /
URL: http://www.kobunka.com/

Others
□This special exhibition is for rising awareness of heritage preservation.
□Admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages.
□Students belong to Kyoto Antique Union take charge of security and guidance.
□Reservation is not necessary unless over 15 people group. In other words, a reconversion is required for over 15 people group.

平成30年(2018年)第五十四次京都珍藏文化遗产特别展览 相关事宜

展览期间:平成30年(2018年)11月1日(周四)〜11月11日(周日)
*场所、时间敬请详参下表

景点 详细地址
1.上贺茂神社 京都市北区
2.北野天满宫 京都市上京区
3.冷泉家(11月1日~4日)
4.下鸭神社 京都市左京区
5.白沙村庄 桥本关雪记念馆
6.法然院(11月1日~7日)
7.光云寺
8.大宁轩(南禅寺山内)
9.无邻庵[初次参展]
10.知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭院 京都市東山区
11.建仁寺 开山堂・浴室
12.久昌院(建仁寺山内)
13.六道珍皇寺(建仁寺山内)
14.西福寺[初次参展]
15.妙法院
16.东寺 讲堂 五重塔(10月27日~11月11日) 京都市南区
17.石清水八幡宫 八幡市
18.松花堂庭院 美术馆

*参展景点及内容为平成30年6月28日暂定事宜,倘因祭祀、法事等原因出现临时变更,敬请谅解。
*变更内容敬请参考京都古文化保存协会网址主页(http://www.kobunka.com)

【日期】平成30年11月1日(周四)〜11月11日(周日)

  • *冷泉家的参展日期为11月1日(周四)〜4日(周日)
  • *法然院的参展日期为11月1日(周四)〜7日(周三)
  • *光云寺11月8日(周四)上午暂休
  • *东寺 讲堂 五重塔的参展日期为10月27日(周六)〜11月11日(周日)

【时间】上午9时〜下午4时(参观接待)

  • *光云寺的接待???11月1日(周四)下午3:30??、11月2日(周五)上午9:30?至下午4?、11月8日(周四)正午至下午4?、11月9日(周五)上午11?至下午4?
  • *无邻庵的接待时间为上午7:30至下午4:30

【费用】各处均成人800日元,初、高中生400日元

  • *由每位成人所携至多一名小学生或儿童可享受免票优惠

【主办】 公益财团法人京都古文化保存协会

      详情咨询 公益财团法人京都古文化保存协会事务局
      e-mail:goiken@kobunka.com URL:http://www.kobunka.com

*京都珍藏文化??特?展?是?宣?文化??保?而??的公益活?,活?收入将被用于文化??事?
*展?期?,由?西学生古美??盟下属大学的大学生??相?安保及引?工作
*参?者无需事前??,于???票即可参?。?外,15人以上?体参???提前??告知


 京都珍藏文化??特?展?始于昭和40年,旨在通???文化??的参?活?,?富广大市民精神生活,并在此基?之上?国民之于文化??的?心和??。本活??年于春、秋?季各??一次,本次已是第七十四届。本次活?中包括京都市16?、八幡市2?在内共?18?寺?、神社参展。由于根据展??所的不同展???存在差?,相?要?敬?事前??。?使宝?的文化??能???流?后世,此次活?所得收入将悉数投入文化??的?修保存事?之中。

【特別公開】平成30年度「第54回京都非公開文化財特別公開」のお知らせ

 平成30年度「第54回京都非公開文化財特別公開」を開催します。

 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算74回目の開催になります。今回は京都市内16か所、八幡市内2か所の計18か所を公開します。公開場所によって公開期間や時間が異なりますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に役立てられます。

【期 間】 平成30年11月1日(木) 〜 11月11日(日)
※「冷泉家」は11月1日(木)から4日(日)までの公開です。
※「法然院」は11月1日(木)から7日(水)までの公開です。
※「光雲寺」は11月1日(木)は午後3時30分受付終了、
       11月2日(金)は午前9時30分から受付開始、
       11月8日(木)は正午から受付開始、
       11月9日(金)は午前11時受付開始です。
※「東寺 講堂・五重塔」は10月27日(土)から
11月11日(日)までの公開です。
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
※「無鄰菴」は午前7時30分から午後4時30分までの受付です。
【拝観料】 1か所大人800円、中高生400円
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局まで
ご連絡をお願いします。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
(平日 午前9時〜午後5時)

【記者コン】「第56回小中学生記者の文化財取材コンクール」実施のお知らせ

 テーマ「博物館のしごとってなんだろう?」

 「第56回小中学生記者の文化財取材コンクール」を京都国立博物館(京都市東山区)にて開催することになりましたので、お知らせいたします。
 本事業は文化財保護の次世代を担う小学生・中学生を対象に、取材を通して文化財への関心を深め、愛護の精神を養うことを目的として昭和37年から実施している事業です。

【日  時】 平成30年8月5日(日)
受付・・・午後1時から
取材・・・午後1時30分から午後4時まで
【集合場所】 京都国立博物館 南門前(七条通・三十三間堂向かい)
【取材場所】 京都国立博物館(京都市東山区茶屋町527)
【対  象】 京都府内に在住または通学する小学生・中学生
※参加にあたっては先生または保護者の引率が必要です。
【お問合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
(平日10時〜17時)
E-mail:goiken@kobunka.com
詳細はこちら

【ドック】『 第20回 文化財修理修復保全の無料相談会 』参加者募集

平成30年7月21日(土)に「第20回 文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を東京・有楽町朝日ホールにて開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。

「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。
また、文化財保護の次世代を担う子どもをはじめ一般の方にも文化財の伝統技術に触れて親しみを持って頂ける機会を提供するため、“匠の技”体験コーナーを併設した「匠の技展と体験コーナー」を同時開催します。

《『無料相談会』について》
【日  時】 平成30年7月21日(土)
午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
【場  所】 有楽町朝日ホール
東京都千代田区有楽町2−5−1 有楽町マリオン11階
JR山手線「有楽町駅」 中央口・銀座口より徒歩3分
【無料相談会申込方法】  
申込方法: 相談会参加の場合は、事前にお電話又はメールで
お申し込み下さい。
※お申し込み多数の場合は、抽選となります。
申込締切: 平成30年7月18日(水)
<お電話でお申し込みの場合> TEL:075-754-0120(平日10時〜17時)
<メールでお申し込みの場合> E-mail:goiken@kobunka.com
メールに下記内容をご明記ください。
記入内容: ●郵便番号 ●住所 ●氏名 ●電話番号
●ご来場希望時間 ●文化財名 ●相談内容
《同時開催『匠の技展と体験コーナー』》
日  時: 平成30年7月21日(土)
@午前9時〜 A午前10時半〜 B午後0時45分〜 
C午後2時15分〜 (所要時間は約2時間)
◆匠の技展と体験コーナー参加方法
定  員: 小学生1〜6年生のお子さまが対象です。各回40人、計160人
※保護者の同伴が必要です。
申込方法: 参加を希望する場合は、事前に往復はがきに下記内容を
明記の上、お申し込みください。
記入内容: ●郵便番号 ●住所
●参加者全員の氏名と年齢
(ハガキ1枚につきお子さまは2人まで)
●電話番号 ●ご希望時間(上記4つの時間帯のうち1つのみ)
※お申し込み多数の場合は、抽選となります。
※往復はがきは、代表者(保護者)の郵便番号・住所と氏名は
返信用の表面にもご記入ください。
申込締切: 平成30年7月2日(月)必着
お送り先: 〒606-8305
京都府京都市左京区吉田河原町14 京都技術科学センター1階
公益財団法人 京都古文化保存協会「匠の技」係 宛
   
【お問い合せ】 公益財団法人 京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
(平日10時〜17時)
E-mail:goiken@kobunka.com
詳細はこちら

【特別公開】平成30年度 春期京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成30年度 春期京都非公開文化財特別公開」を平成30年4月27日から5月6日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(秋期)の開催は平成30年11月1日(木)〜11月11日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

【特別公開】テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝2018」放送のご案内

 放送決定 2018年4月15日(日)午後1:00〜1:55
 BS朝日「春の京都・眠れる秘宝2018〜探訪 非公開文化財〜」

  BS朝日とテレビ朝日映像の制作、並びに朝日新聞社の制作協力で、文化財所有者の想いや、文化財の保存修理を行う方々のご苦労等、文化財保護の重要性を伝えると伴に、本協会が実施する「非公開文化財特別公開」事業を紹介する内容の番組が、ご好評につき第4弾として今年も放送されることになりました。俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんが進行役となり、京都の寺社仏閣や文化財の修復現場を訪ねながら、現在まで残されてきた文化財の素晴らしさを語り、今後残していくことの大切さを伝えていきます。
 文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください

【番組タイトル】 「春の京都・眠れる秘宝2018〜探訪 非公開文化財〜」
【放送日時】 2018年4月15日(日) 午後1:00〜1:55
【放送局】 BS朝日 (BSデジタル放送)

こちらからもご確認頂けます。BS朝日の番組ホームページ

【CF】クラウドファンディングによる寄附金募集サイト開設のご案内

 本協会では4月4日(水)正午よりクラウドファンディングシステムを利用した寄付金募集のWEBサイトを開設します。このWEBサイトはTimeAge株式会社(http://www.timeage.co.jp/)の技術支援のもと、本協会が運営管理を行い、日本では初の試みとなる100%文化財保護に特化した寄付型のクラウドファンディングサイト(https://www.kobunkacrowd.com/)で、京都から日本全域へ発信することとなりました。
 SNSなどを活用し、文化財保護の重要性を広く一般のネットユーザーに普及させながら、社会貢献を通じインターネット世界の健全性を高める効果も求め、併せて文化財保護費用の寄付金を募ります。集まった寄付金は諸経費を除き、指定された文化財保護事業及び、文化財の維持・修理に使用します。
 日本には、国宝や重要文化財に指定されたものだけでなく、その他多くの文化財が存在しております。本協会に加盟する京都の様々な寺社も、多くの文化財を抱え修繕修復を繰り返しながら、多額の費用発生に困っている状態です。国や地方自治体からの支援だけで、これら文化財保護費用を全てカバーすることは不可能であり、そうした中、少しでも文化財保護活動への一助となればとの思いから、この度文化財保護に特化した寄付型のクラウドファンドシステムを構築致しましたのでご案内致します。

【開 設 日】 平成30年4月4日(水)正午
【アドレス】 https://www.kobunkacrowd.com/
【お問合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局(平日10時〜17時)
電話075-754-0120/FAX075-754-0122

【特別公開】「文化財まもる+きっぷ」のご案内

 「平成30年度 春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

 「平成30年度 春期京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、4月27日より始まります。
 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した「春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市営地下鉄、市バス、京都バス(一部路線を除く)、 
京阪バス(一部路線を除く)が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・一日券   1,350円
・二日券   2,150円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
・京都1日観光きっぷ      1,200円
※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成30年5月6日(日)
【有効期間】 平成30年4月27日(金)〜 平成30年5月6日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。
お求めの際は、窓口にてプランコードと「募集型企画旅行」である旨を
お伝えください。
【お問い合わせ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話(075)754-0120(平日10〜17時)
詳細はこちら

【特別公開】朝日カルチャーセンター 京都教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成30年度「春期京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 岩倉具視の虚像と実像〜岩倉具視幽棲旧宅見学
【日 時】 平成30年5月2日(水)13:00〜16:30
【講 師】 京都市歴史資料館主任研究員 宇野日出生
詳細はこちら

【講座名】 日本最古の国宝の方丈を訪ねる〜東福寺・龍吟庵拝観
【日 時】 平成30年5月3日(木)13:00〜16:30
【講 師】 京都造形芸術大学教授 中村利則
詳細はこちら

【講座名】 山門の十六羅漢像と釈迦三尊像を訪ねる〜金戒光明寺拝観
【日 時】 平成30年5月4日(金)13:00〜16:30
【講 師】 同志社大学教授 井上一稔
詳細はこちら

【講座名】 狩野派の障壁画を訪ねる〜知恩院拝観
【日 時】 平成30年5月6日(日)13:00〜16:30
【講 師】 京都嵯峨芸術大学教授 佐々木 正子
詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター 京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

【特別公開】京都定期観光バスのご案内

 京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画のご案内

 平成30年度「春期京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画として以下のコースが設定されることになりましたのでご案内します。

STコース  春の特別公開文化財めぐり
※壬生寺、仁和寺 金堂・本坊、大徳寺 本坊、金戒光明寺山門がコースに
含まれております。
※ご昼食は、大徳寺 大仙院 にて、「泉仙の精進料理」をお楽しみください。
(大仙院の拝観も含まれております。) パソコンから スマホから

定期観光バスに関するお問合せ・お申し込みは、京都定期観光バス予約センターまでお願いします。
電話 075-672-2100(7 : 40〜20 : 00)

平成30年(2018年)春季京都珍藏文化遗产特别展览 相关事宜

展览期间:平成30年(2018年)4月27日(周五)-5月6日(周日)
*场所、时间敬请详参下表

景点 ??地址
1.上贺茂神社 京都市北区
2.大德寺
3.樱谷文库 [初次参展]
4.仁和寺 金堂・本坊 京都市上京区
5.北野天满宫 京都市右京区
6.養源院 (相国寺山内) [初次参展]
7.岩仓具视幽棲旧宅 京都市左京区
8.下鸭神社
9.金戒光明寺 山门
10.知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭院 京都市東山区
11.龙吟庵 (东福寺山内)
12.壬生寺 京都市中京区
13.东寺 五重塔 京都市南区
14.城南宫 京都市伏见区
15.大黑寺
16.长建寺
17.法传寺 [初次参展]
18.妙教寺 [初次参展]
19.石清水八幡宫 八幡市

*参展景点及内容为平成30年2月19日暂定事宜,倘因祭祀、法事等原因出现临时变更,敬请谅解。
*变更内容敬请参考京都古文化保存协会网址主页(http://www.kobunka.com

【日期】平成30年4月27日(周五)〜5月6日(周日)

【时间】 上午9时-下午4时(参观接待)

【费用】各处均成人800日元,初、高中生400日元
*由每位成人所携至多一名小学生或儿童可享受免票优惠

 

主? 公益??法人京都古文化保存?会
?情咨? 公益??法人京都古文化保存?会事?局
e-mail:goiken@kobunka.com  URL:http://www.kobunka.com

*京都珍藏文化遗产特别展览是为宣传文化遗产保护而举办的公益活动,活动收入将被用于文化遗产事业
*展览期间,由关西学生古美术联盟下属大学的大学生负责相关安保及引导工作
*参观者无需事前预约,于现场购票即可参观。另外,15人以上团体参观烦请提前联络告知

京都珍藏文化??特?展?始于昭和40年,旨在通???文化??的参?活?,?富广大市民精神生活,并在此基?之上?国民之于文化??的?心和??。本活??年于春、秋?季各??一次,本次已是第七十三届。本次活?中包括京都市18?、八幡市1?在内共?19?寺?、神社参展。由于根据展??所的不同展???存在差?,相?要?敬?事前??。?使宝?的文化??能???流?后世,此次活?所得收入将悉数投入文化??的?修保存事?之中。

【特別公開】朝日カルチャーセンター 芦屋教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター芦屋教室(兵庫県芦屋市)
 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 〜春の非公開文化財特別公開を案内〜

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 芦屋教室において平成30年度「春期 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。場所はJR芦屋駅から徒歩約3分です。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 〜春の非公開文化財特別公開を案内〜
【日 時】 平成30年4月16日(月)13:15〜14:45
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会 常務理事兼事務局長 後藤 由美子
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター芦屋教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 芦屋教室
電話:0797-38-2666
月〜土 10:00〜18:30(日曜祝日と第3木曜日は休業)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/ashiya

【特別公開】朝日カルチャーセンター 名古屋教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター名古屋教室(名古屋市中区)
 戊辰戦争の「痕跡」 京都非公開文化財特別公開に寄せて

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 名古屋教室において平成30年度「春期 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。場所は地下鉄栄駅から徒歩約7分です。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 戊辰戦争の「痕跡」 京都非公開文化財特別公開に寄せて
【日 時】 平成30年4月13日(金)15:45〜17:15
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会 常務理事兼事務局長 後藤 由美子
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター名古屋教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 名古屋教室
電話:052-249-5553
(月〜土 9:30〜18:30 / 日 9:30〜16:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nagoya

【和敬会】京都和敬会(友の会)会員募集のお知らせ

 京都和敬会(友の会)の会員を募集しています。

【会員特典】 1、春と秋の年に2回開催される「京都非公開文化財特別公開」の招待券を進呈。
一般会員 年間4枚 ペア会員 年間8枚 学生会員 年間3枚 法人会員 年間50枚

2、招待券を使い切っても京都和敬会の会員証を提示していただくと
「京都非公開文化財特別公開」が700円(通常800円)で拝観できます。

3、『拝観の手引』のバックナンバー引換券(100円相当)を進呈。
 『拝観の手引』とは、「京都非公開文化財特別公開」公開場所の
解説が載った小冊子です。
一般会員 年間1枚
ペア会員 年間2枚
学生会員 年間1枚
法人会員 年間10枚
また、更新をしていただくと、最新版の『拝観の手引』の引換券(300円相当)も
進呈いたします。(バックナンバーと同数)

4、会員の方だけにご案内する「特別拝観の集い」を開催します。
 普段は見ることのできない文化財を拝観する見学会です。
(参加費は別途必要。拝観場所の都合により、人数制限や抽選を行う場合もございます。)

5、京都国立博物館で京都和敬会の会員証をご提示いただくと、
特別展・常設展が割引料金(団体料金相当)で見学していただけます。

6、「京都非公開文化財特別公開」の情報が一足早く手に入ります。

【年会費】 一般会員 3,000円
ペア会員 5,000円(おふたりでお申し込みの方)
学生会員 2,000円(学生証のコピーが必要となります)
法人会員 30,000円(法人名または団体名)

入会金は必要ありません。
会員の期間は4月1日から翌年3月31日までとなりますが、随時入会可能です。

入会をご希望の方は、「京都和敬会」(友の会)会員募集ページのメールフォームに必要事項を記入の上、送信して下さい。振込用紙付きの京都和敬会チラシをお送りいたしますので、郵便局にてお振込みください。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話 075-754-0120/FAX 075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com

【Information】Spring Special Exhibition 2018

 Notice of Spring Special Exhibition 2018

 Special exhibition that Kyoto Heritage Preservation Association sponsored is an awareness rising activity of heritage preservation since 1965. Under the objective for raise citizens’ and nations’ interest for preserving heritages, we held this special exhibition every spring and autumn, and this is 73rd opening. The venues for special exhibition are 18 places in Kyoto-shi, 1 place in Yawata-shi (total of 19 places) this time. Opening days are depends on the venues, therefore we recommend to check the information guide before your visit.
 Your admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages for passing down through next generations and the future.

 Venues  Location
1. Kamigamo-jinja Shinto Shrine Kita-ku, Kyoto-shi
2. Daitoku-ji Temple
3. Oukoku Bunko
4. Ninna-ji Temple’s Kondo&Honbo Ukyo-ku, Kyoto-shi
5. Kitano Tenmangu Shrine Kamigyo-ku, Kyoto-shi
6. Yogen-in Temple (part of Syokoku-ji Temple)
7. The Former Retreat of Tomomi Iwakura Sakyo-ku, Kyoto-shi
8. Shimogamo-jinja Shrine
9. Konkai-komyo-ji Temple’s Sanmon
10. Chion-in Temple’s Ohojo, Kohojo&Hojo Garden Higashiyama-ku, Kyoto-shi
11. Ryogin-an Temple (part of Tofuku-ji Temple)
12. Mibu-dera Temple Nakagyo-ku, Kyoto-shi
13. To-ji Temple’s Five-Storied Pagoda Minami-ku, Kyoto-shi
14. Jonangu Shrine Fushimi-ku, Kyoto-shi
15. Daikoku-ji Temple
16. Choken-ji Temple
17. Houden-ji Temple
18. Myokyo-ji Temple
19. Iwashimizu Hachimangu Shrine  Yawata-shi

Period
April 27, 2018 - May 6, 2018

Acceptance Time
9 a.m. - 4 p.m.
□To-ji Temple’s Five-Storied Pagoda accepts 9 a.m. to 4:30 p.m.

Admission Fee
Adults: 800 yen Senior high/Junior high: 400 yen

Sponsor/Contact
Kyoto Heritage Preservation Association
Tel: 075-754-0120 / Fax: 075-754-0122 / E-mail: goiken@kobunka.com /
URL: http://www.kobunka.com/

Others
□This special exhibition is an awareness rising activity of heritage preservation.
□Admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages.
□Students belong Kyoto Antique Union take charge of security and guidance.
□No reservation is necessary unless groups over 15 people groups. In other words, a reconversion is required for over 15 people groups.

【特別公開】平成30年度「春期京都非公開文化財特別公開」開催のお知らせ

 平成30年度「春期京都非公開文化財特別公開」を開催します。

 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算73回目の開催になります。今回は京都市18か所、八幡市1か所を公開します。公開場所によって公開期間や公開時間が変更になる場合があります。その場合はホームページ等にてご案内させて頂きますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】 平成30年4月27日(金)〜5月6日(日)
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1か所大人800円、中高生400円
※「東寺 五重塔」は一部拝観料が異なる場合があります。
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に
事務局までご連絡をお願いします。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122 (平日 午前10時〜午後5時)

【ドック】『 第19回 文化財修理修復保全の無料相談会 』実施のお知らせ

平成30年3月24日(土)に「第19回 文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都市中京区にて開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。

「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。
また、文化財保護の次世代を担う子どもをはじめ一般の方にも文化財の伝統技術に触れて親しみを持って頂ける機会を提供するため、“匠の技”体験コーナーを併設した「匠の技展と体験コーナー」を同時開催します。当日は文化財ドックのオリジナルキャラクター「ブンカザイ・ドックくん」が初登場します。

【日 時】 平成30年3月24日(土)
・無料相談会 午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・匠の技展と体験コーナー 午前10時〜午後4時まで
【場 所】 京都市男女共同参画センター
ウイングス京都 イベントホール
京都市中京区東洞院通六角下る
一般来館者用の駐車場はございませんので、電車・バスをご利用下さい。
地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または、地下鉄四条駅・阪急烏丸駅
(20番出口)下車徒歩約5分です。
【申込方法】 相談会参加の場合は事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
(氏名・住所・来場希望時間・文化財名・相談内容をご連絡下さい)
申込締切:平成30年3月16日(金)
※「匠の技展と体験コーナー」への申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局(平日10時〜17時)
電話:075-754-0120/FAX:075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com

詳細はこちら

【記者コン】「第55回小中学生記者の文化財取材コンクール」審査結果

 審査結果の発表

 平成29年7月28日(金)に実施いたしました「第55回 小中学生記者の文化財取材コンクール」は、70名を超える小中学生にご参加いただきどうもありがとうございました。
 ご応募いただきました作品を厳正に審査させていただきました結果、別紙の通り入賞者が決定いたしましたのでご報告いたします。また各賞の入賞者と一部の作品は、平成29年11月22日(水)付の京都新聞に掲載されております。
 なお入賞者への表彰は、平成29年11月24日(金)に京都新聞文化ホールにて開催いたしました。

 コンクール入賞者一覧

【特別公開】平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成29年度 第53回京都非公開文化財特別公開」を平成29年11月1日から11月12日までの12日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。 次回(春期)の開催は平成29年4月27日(金)〜5月6日(日)を予定しております。公開場所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

【特別公開】海住山寺・現光寺マイクロバスのご案内

 海住山寺と現光寺間で『文化財保護特別協力号』を運行します。

「平成29年度 第53回 京都非公開文化財特別公開」の期間中、海住山寺・現光寺では、特別公開の趣旨をご理解される多くの方々にご参拝頂き、寺院の文化財保護に特別協力下さる方々の利便性を高めるため、二か寺の間に『文化財保護特別協力号』のマイクロバス(一部ワゴン車)を運行致します。

【 運行区間 】 現光寺臨時駐車場 〜 海住山寺門前
(現光寺臨時駐車場は現光寺より徒歩3分の場所にあります。)
【 期  間 】 11月1日(水)〜 11月12日(日)
【 運行時間 】 現光寺臨時駐車場 午前10時〜午後3時30分
海住山寺     午前10時15分〜午後4時45分
毎時30分毎に運行します。
(都合により一部運行休止の場合あり)
※午前8時45分加茂駅西口発海住山寺行のバスを1本運行します。
時刻表はこちら
【 乗車方法 】 両寺院にて文化財の保護事業に特別協力(ご志納)頂いた方に乗車整理券を差し上げます。
500円以上のご志納で1枚
1,000円以上のご志納で2枚
1枚でお一人片道1回ご利用頂けます。
満席の場合はお待ちいただく場合がございます。
加茂駅発の運行の場合は車内でご志納願います。
【ご志納受付場所】 現光寺拝観受付
海住山寺拝観受付・海住山寺本坊拝観受付
◎特別ご志納金は 「海住山寺文化財防災道路」延長工事
「海住山寺愛染明王画像」修復事業
「現光寺最勝曼荼羅図」修復事業
「現光寺四天王像」修復事業  に充当させて頂きます。

※マイクロバスは海住山寺入口の市道狭小区間を迂回する「海住山寺文化財防災道路」建設工事中の区間を特別に運行致します。この区間は海住山寺入口の市道区間が狭小のため、今後消防車両の大型化に伴い消防自動車の通行困難が予想されるため、海住山寺では独自に土地を購入し「文化財防災道路」の設置(延長)を進めております。

【特別公開】南山城地域の公開場所周辺図

 「平成29年度 第53回 京都非公開文化財特別公開」において南山城地域の公開場所周辺図を作成致しました。拝観時のご参考にご利用ください。

大智寺、西念寺の周辺図はこちら

海住山寺、現光寺、常念寺(木津川市)の周辺図はこちら

常念寺(精華町)の周辺図はこちら

【特別公開】最寄りの駅・バス停のご案内

 「平成29年度 第53回 京都非公開文化財特別公開」に関して、各公開場所の最寄りの駅・バス停の一覧表を作成しました。鉄道、バスご利用時の参考にお使い下さい。

一覧表はこちら

【特別公開】朝日新聞デジタル特集ページのご案内

 朝日新聞デジタルで特集ページをオープン

 「平成29年度 秋期京都非公開文化財特別公開」が11月1日(水)に始まるのに合わせ、朝日新聞デジタルのホームページ上で特集ページをオープンして頂きましたのでご案内いたします。今回公開される場所の地図、ドローン空撮映像や、フォトギャラリーなどをご覧いただけます。朝日新聞で掲載した特集記事や、デジタル版だけでお読みいただける現地ルポなどもあります。スマートフォンやタブレットでもご覧になれますので、特別公開めぐりのガイド役としてもぜひお役立てください。

朝日新聞デジタルの特集ページはこちら

【特別公開】京都定期観光バスのご案内

 京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画のご案内

 平成29年度「第53回 京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画として以下のコースが設定されることになりましたのでご案内します。

STコース: 秋の特別文化財めぐり 
     〜初公開!西陣「報土寺」と八幡・京田辺の古寺をたずねる〜
※報土寺、知恩院 三門、正法寺、酬恩庵(一休寺)がコースに含まれております。
※ご昼食は、知恩院 三門 近くの「花水庵」にて、「特別和順弁当」をお楽しみください。

詳細はこちら パソコンから
  スマホから

定期観光バスに関するお問合せ・お申し込みは、京都定期観光バス予約センターまでお願いします。
電話 075-672-2100(7:40〜20:00)

【特別公開】木津川市域にて臨時バス運行のご案内

 木津川市域における奈良交通臨時バス運行のご案内

 平成29年度「第53回京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、木津川市内で公開する4か所(大智寺、西念寺、常念寺、現光寺、海住山寺)の最寄りのバス停を結ぶ奈良交通の臨時バスが運行されます。

【運行日】 平成29年11月3日(金祝)、4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)
(特別公開開催期間中の土日祝日のみの運行になります。)
【運行区間】 木津駅(西口) 〜 鹿背山 〜 加茂駅(西口) 〜  岡崎
(大智寺)    (西念寺) (常念寺・現光寺)  (海住山寺)
【運行時間】 木津駅(西口)発 9:00、10:00、11:00、12:00、14:00
岡崎発      9:40、10:40、11:40、13:40、14:40
【お問合せ】 奈良交通 お客様サービスセンター
電話 0742-20-3100(8:30〜19:00)

運賃等の詳細は奈良交通ホームページでご確認下さい。

【特別公開】「第53回京都非公開文化財特別公開」の日程に関するお知らせ

 平成29年度「第53回京都非公開文化財特別公開」に関して、公開場所によって受付時間や公開期間が異なる場合がありますので、ご案内致します。

【公開期間及び受付時間】
平成29年11月1日(水)〜11月12日(日)午前9時〜午後4時(拝観受付)

【上記と異なる公開場所】

○「清浄華院」は11月1日(水)〜5日(日)の公開です。

○「廬山寺」は11月3日(金・祝)のみ正午までの拝観となります。

○「冷泉家」は11月2日(木)〜5日(日)の公開です。

○「法然院」は11月1日(水)〜7日(火)の公開です。

○「泉涌寺 本坊」は11月4日(土)のみ拝観休止です。

○「東寺 講堂・五重塔」は10月28日(土)〜11月12日(日)の公開です。
 また拝観受付は、午前9時〜午後4時30分です。

○「松花堂庭園・美術館」の拝観受付は、午前9時〜午後4時30分です。

○「海住山寺」は10月28日(土)〜11月12日(日)の公開です。

○「現光寺」は10月28日(土)〜11月12日(日)の公開です。
 また拝観受付は、午前9時30分〜午後4時です。

○「西念寺」は11月1日(水)〜11日(土)の公開です。

開催日程表はこちら

【特別公開】朝日カルチャーセンター 京都教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成29年度「第53回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 狩野派の画法と孝信の襖絵〜法然院拝観
【日 時】 平成29年11月5日(日)13:00〜16:00
【講 師】 嵯峨美術大学教授 佐々木 正子
詳細はこちら

【講座名】 法性寺 国宝・千手観音菩薩立像の魅力 応仁の乱の戦火を免れた仏像
【日 時】 平成29年11月6日(月)13:30〜17:00
【講 師】 同志社大学教授 井上 一稔
詳細はこちら

【講座名】 国宝の社殿建築の美〜賀茂別雷神社(上賀茂神社)拝観
【日 時】 平成29年11月8日(水)13:00〜16:00
【講 師】 京都造形芸術大学教授 中村 利則
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター 京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

【特別公開】朝日カルチャーセンター くずは教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンターくずは教室(大阪府枚方市) 京都の秘仏秘宝 見どころを語る

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 くずは教室において平成29年度「第53回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。場所は京阪電車樟葉駅下車すぐの京阪くずは駅ビル3階です。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 〜秋の非公開文化財特別公開を案内〜
【日 時】 平成29年10月10日(火)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会 常務理事兼事務局長 後藤 由美子
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンターくずは教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター くずは教室
電話:072-850-1500
(月〜土 9:30〜18:30 /日曜祝日は休業)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/kuzuha

【特別公開】朝日カルチャーセンター 名古屋教室 関連講座のご案内

朝日カルチャーセンター名古屋教室(名古屋市中区) 京都山城の秘仏秘宝 見どころを語る

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 名古屋教室において平成29年度「第53回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。場所は地下鉄栄駅から徒歩約7分です。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京都山城の秘仏秘宝 見どころを語る 〜秋の非公開文化財特別公開を案内〜
【日 時】 平成29年10月13日(金)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会 常務理事兼事務局長 後藤 由美子
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター名古屋教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 名古屋教室
電話:052-249-5553
(月〜土 9:30〜18:30 / 日 9:30〜16:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nagoya

平成29年(2017年)第五十三次京都珍藏文化遗产特别展览 相关事宜

展?期?:平成29年(2017年)11月1日(周三)〜11月12日(周日)
※?所、??敬??参下表

景点 ??地址
1.上?茂神社 京都市北区
2.北野天?? 京都市上京区
3.大将?八神社
4.?土寺(初次参展)
5.冷泉家(11月2日〜5日)
6.清??院(11月1日〜5日)
7.?山寺(11月3日下午?休)
8.下?神社 京都市左京区
9.法然院(11月1日〜7日)
10.知恩院三? 京都市東山区
11.?源院(建仁寺山内)
12.泉涌寺 本坊(11月4日?休)
13.法性寺
14.?寺 ?堂 五重塔(10月28日〜11月12日) 京都市南区
15.石清水八幡? 八幡市
16.正法寺
17.松花堂庭院 美??
18.酬恩庵(一休寺) 京田辺市
19.常念寺(精?町)[初次参展] 相楽郡
20.大智寺[初次参展] 木津川市
21.西念寺[初次参展](11月1日〜11日)
22.海住山寺 (10月28日〜11月12日)
23.?光寺 [初次参展](10月28日〜11月12日)
24.常念寺(木津川市)[初次参展]

※参展景点及内容?平成29年7月31日?定事宜,?因祭祀、法事等原因出????更,敬??解。
※?更内容敬?参考京都古文化保存?会网址主?(http://www.kobunka.com

【日期】平成29年11月1日(周三)〜11月12日(周日)

※清??院参展日期?11月1日(周三)〜5日(周日)
※?山寺11月3日(周五)下午?休
※?寺 ?堂 五重塔、海住山寺、?光寺的参展日期?10月28日(周六)〜11月12日(周日)
※冷泉家的参展日期?11月2日(周四)〜5日(周日)????
※法然院的参展日期?11月1日(周三)〜7日(周二)
※本展?活?助力文化??保?周(11月1日〜11月7日)
※泉涌寺 本坊11月4日(周六)?休
※西念寺的参展日期?11月1日(周三)〜11日(周六)

【??】上午9?〜下午4?(参?接待)

※?寺 ?堂 五重塔、松花堂庭院 美??的接待???上午九?至下午四?三十分
※?光寺的接待???上午九?三十分至下午四?

【?用】各?均成人800日元,初、高中生400日元

※由?位成人所携至多一名小学生或儿童可享受免票?惠
※泉涌寺 本坊?需登山?票500日元

主? 公益??法人京都古文化保存?会
?情咨? 公益??法人京都古文化保存?会事?局
地址 606-8305 京都市左京区吉田河原町14 京都技術センター1階
e-mail:goiken@kobunka.com  URL:http://www.kobunka.com

※京都珍藏文化??特?展?是?宣?文化??保?而??的公益活?,活?收入将被用于文化??事?
※展?期?,由?西学生古美??盟下属大学的大学生??相?安保及引?工作
※参?者无需事前??,于???票即可参?。?外,15人以上?体参???提前??告知
※春季特?展?「平成30年(2018)春季京都珍藏文化??特?展?」活??定将于平成30年4月27日(周五)〜5月6日(周日)?行,展?相?事宜将于平成30年1月公布,敬??注

 京都珍藏文化??特?展?始于昭和40年,旨在通???文化??的参?活?,?富广大市民精神生活,并在此基?之上?国民之于文化??的?心和??。本活??年于春、秋?季各??一次,本次已是第七十二届。本次活?中包括京都市14?、八幡市3?、京田?市1?、精?町1?、木津川市5?在内共?24?寺?、神社参展。由于根据展??所的不同展???存在差?,相?要?敬?事前??。?使宝?的文化??能???流?后世,此次活?所得收入将悉数投入文化??的?修保存事?之中。

【Information】Autumn Special Exhibition 2017

 Notice of Autumn Special Exhibition 2017

 Special exhibition that Kyoto Heritage Preservation Association sponsored is an awareness rising activity of heritage preservation since 1965. Under the objective for raise citizens’ and nations’ interest for preserving heritages, we held this special exhibition every spring and autumn, and this is 72nd opening. The venues for special exhibition are 14 places in Kyoto-shi, 3 places in Yawata-shi, 1 place in Kyotanabe-shi, 1 place in Seika-cho, and 5 places in Kizugawa-shi (total of 24 places) this time. Opening days are depends on the venues, therefore we recommend to check the information guide before your visit.
Your admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages for passing down through next generations and the future.

 Venues  Location
1. Kamigamo-jinja Shinto Shrine Kita-ku, Kyoto-shi
2. Kitano Tenmangu Shrine Kamigyo-ku, Kyoto-shi
3. Daishogun Hachijinja Shrine
4. Hodo-ji Temple
5. Reizei Familiy’s House
6. Shojoke-in Temple
7. Rozan-ji Temple
8. Shimogamo-jinja Shrine  Sakyo-ku, Kyoto-shi
9. Honen-in Temple
10. Chion-in Temple’s Sanmon  Higashiyama-ku, Kyoto-shi
11. Regen-in Temple
12. Sennyu-ji Temple’s Honbo
13. Hosho-ji Temple
14. To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda Minami-ku, Kyoto-shi
15. Iwashimizu Hachimangu Shrine  Yawata-shi
16. Shobo-ji Temple
17. Shokado Garden and Museum
18. Shuon-an Temple (Ikkyu-ji Tenple) Kyotanabe-shi
19. Jonen-ji Temple (Seika-cho) Seika-cho, Soraku-gun
20. Daichi-ji Temple Kizugawa-shi
21. Sainen-ji Temple
22. Kaijusen-ji Temple
23. Genko-ji Temple
24. Jonen-ji Temple (Kizugawa-shi)

Period
November 1, 2017 – November 12, 2017 (except blow)
□Shojoke-in Temple: November 1, 2017 – November 5, 2017
□Rozan-ji Temple: closing in the afternoon of November 3, 2017
□Reizei Familiy’s House: November 2, 2017 – November 5, 2017
□Honen-in Temple: November 1, 2017 – November 7, 2017
□Sennyu-ji Temple’s Honbo: closing in November 4, 2017
□To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda, Kaijusen-ji Temple, Genko-ji Temple: October 28, 2017 – November 12, 2017
□Sainen-ji Temple: November 1, 2017 – November 11, 2017

Acceptance Time
9 am – 4 pm
□To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda, and Shokado Garden and Museum accept 9 a.m. to 4:30 p.m.
□Genko-ji Temple accepts 9:30 a.m. to 4 p.m.

Admission Fee
Adults: 800 yen
Senior high/Junior high: 400 yen
※Sennyu-ji Temple’s Honbo is necessary for extra 500 yen for entering the temple.

Sponsor/Contact
Kyoto Heritage Preservation Association
E-mail: goiken@kobunka.com
URL: http://www.kobunka.com

Others
□This special exhibition is an awareness rising activity of heritage preservation.
□Admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages.
□Students belong Kyoto Antique Union take charge of security and guidance.
□No reservation is necessary unless groups over 15 people groups. In other words, a reconversion is required for over 15 people groups.

【特別公開】平成29年度「第53回京都非公開文化財特別公開」のお知らせ

 平成29年度「第53回京都非公開文化財特別公開」を開催します

「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算72回目の開催になります。今回は京都市14か所、八幡市3か所、京田辺市1か所、精華町1か所、木津川市5か所の計24か所を公開します。公開場所によって公開期間が異なりますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】 平成29年11月1日(水)〜11月12日(日)
※「清浄華院」の公開は11月1日(水)から5日(日)です。
※「廬山寺」は11月3日(金・祝)正午以降拝観休止です。
※「冷泉家」の公開は11月2日(木)から5日(日)です。
※「法然院」の公開は11月1日(水)から7日(火)です。
※「泉涌寺 本坊」は11月4日(土)拝観休止です。
※「東寺 講堂・五重塔」の公開は10月28日(土)から11月12日(日)です。
※「西念寺」の公開は11月1日(水)から11日(土)です。
※「海住山寺」、「現光寺」の公開は10月28日(土)から11月12日(日)です。
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1か所大人800円、中高生400円
※「泉涌寺 本坊」は別途入山料(500円)が必要です。
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122 (平日 午前9時〜午後5時)

【ドック】「第18回 文化財修理修復保全の無料相談会」終了のお知らせ

 大切なお品物、修理も保管方法も職人さんのアドバイスで安心

 京都古文化保存協会と文友会が主催する「第18回 文化財修理修復保全の無料相談会(文化財ドック)」を、平成29年7月22日(土)にウィングス京都にて開催しました。
相談会では、ご家庭や寺院などで所有される掛軸や茶器などの物品を持参された10名以上の相談者様が、文友会に所属する社寺建築、表具、丹塗りなど各分野における伝統工芸の技術者からの、さまざまな助言に耳を傾けていらっしゃいました。(左下の画像)
また、同じ会場内にて行われた「匠の技展と体験コーナー」では、石材や大工道具などたくさんの展示物や仕事内容のパネル掲示があり、職人さんの手ほどきを受けながら実際にその技を体験することもできました。(右下の画像は飾り金具体験の様子)このとても貴重な機会を、小さなお子様や学生さん、ご年配の方々も楽しまれたご様子です。当日は100名を超える多くの方々にご来場いただき、どうもありがとうございました。
次回は来年2月頃に開催予定です。詳細が決まり次第ご案内致します。

朝日新聞デジタル特集ページのご案内

 朝日新聞デジタルで特集ページをオープン

 「平成29年度 春期京都非公開文化財特別公開」が4月28日(金)に始まるのに合わせ、朝日新聞デジタルのホームページ上で特集ページをオープンして頂きましたのでご案内いたします。今回公開される寺社の地図、ドローン空撮映像や、現地に居合わせたと錯覚するような360度パノラマ写真やフォトギャラリーなどをご覧いただけます。朝日新聞で掲載した特集記事や、デジタル版だけでお読みいただける現地ルポなどもあります。スマートフォンやタブレットでもご覧になれますので、寺社めぐりのガイド役としてもぜひお役立てください。

朝日新聞デジタルの特集ページはこちら

【記者コン】「第55回小中学生記者の文化財取材コンクール」実施のお知らせ

 テーマ「仏像の病院ってどんなところ?」

 「第55回小中学生記者の文化財取材コンクール」を美術院国宝修理所 西洞院工房(京都市下京区)にて開催することになりましたので、お知らせいたします。
本事業は文化財保護の次世代を担う小学生・中学生を対象に、取材を通して文化財への関心を深め、愛護の精神を養うことを目的として昭和37年から実施している事業です。

【日時】 平成29年7月28日(金)
小学生・・・午前9時30分 集合
中学生・・・午後1時30分 集合
【集合場所】 龍谷ミュージアム
京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前) 工房まで徒歩3分
(※集合場所と取材場所が異なりますのでご注意下さい。)
【取材場所】 美術院国宝修理所 西洞院工房(京都市下京区)
【対象】 京都府内に在住または通学する小学生・中学生
※参加にあたっては先生または保護者の引率が必要です。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com
詳細はこちら

【ドック】「 第18回 文化財修理修復保全の無料相談会 」実施のお知らせ

 平成29年7月22日(土)に「第18回 文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都市中京区にて開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。
「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。また同時開催の「匠の技展」では、文化財を育む技術を体感できる「伝統技術の体験コーナー」を設置致します

【日時】 平成29年7月22日(土)
・無料相談会  午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・体験コーナー 午前10時〜午後4時まで
【場所】 京都市男女共同参画センター
ウイングス京都 イベントホール
京都市中京区東洞院通六角下る
※一般来館者用の駐車場はございませんので、電車・バスをご利用下さい。
地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または、地下鉄四条駅・阪急烏丸駅 (20番出口)下車徒歩約5分です。
【申込方法】 事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
※体験コーナーへの申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com
詳細はこちら

平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」終了のお知らせ

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」を平成29年4月28日から5月7日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
次回(秋期)の開催は平成29年11月1日(水)〜11月12日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

大原方面へのバスのご案内

 大原方面への京都バス路線図

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」で大原方面にお越しの場合、公共交通機関は京都バスとなります。大原方面への京都バスの路線図を作成致しました。路線によっては本数が限られますので、ご予定を立てられる際には京都バスのホームページ等で事前に発車時刻をご確認される事をお勧めします。
なお、「京都駅〜出町柳駅」間から「古知谷」への直通バスはございませんので、「古知谷」へお越しの際は「大原」でお乗り換えをお願いします。

大原方面への京都バス路線図

京都バスのホームページ

朝日新聞デジタル特集ページのご案内

 朝日新聞デジタルで特集ページをオープン

 「平成29年度 春期京都非公開文化財特別公開」が4月28日(金)に始まるのに合わせ、朝日新聞デジタルのホームページ上で特集ページをオープンして頂きましたのでご案内いたします。今回公開される寺社の地図、ドローン空撮映像や、現地に居合わせたと錯覚するような360度パノラマ写真やフォトギャラリーなどをご覧いただけます。朝日新聞で掲載した特集記事や、デジタル版だけでお読みいただける現地ルポなどもあります。スマートフォンやタブレットでもご覧になれますので、寺社めぐりのガイド役としてもぜひお役立てください。

朝日新聞デジタルの特集ページはこちら

朝日カルチャーセンター 名古屋教室 特別公開関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター名古屋教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 名古屋教室において平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が名古屋で今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 春の「非公開文化財特別公開」を案内
【日 時】 平成29年4月21日(金)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会
常務理事兼事務局長 後藤 由美子
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター名古屋教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 名古屋教室
電話:052-249-555
(月〜土 9:30〜18:30 / 日 9:30〜16:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nagoya

朝日カルチャーセンター 中之島教室 特別公開関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター中之島教室(大阪) 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 中之島教室において平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が大阪で今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。是非この機会にご参加下さい

【講座名】 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 春の「非公開文化財特別公開」を案内
【日 時】 平成29年4月24日(月)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会
常務理事兼事務局長 後藤 由美子
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター中之島教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 中之島教室
電話:06-6222-5222
(月〜土 9:30〜18:30 / 第2・4日 9:30〜13:30/祝日は休業)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nakanoshima

京都定期観光バスのご案内

 京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画のご案内

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画として以下のコースが設定されることになりましたのでご案内します

STコース 〜春期非公開文化財特別公開〜 春の特別公開文化財めぐり
北野天満宮、厭離庵、鹿王院、東福寺三門がコースに含まれています。
詳細はこちら パソコンから スマホから
※ご昼食は、清凉寺境内に店を構える湯豆腐の名店「竹仙」にて、「ゆどうふおまかせ」をお楽しみください。

定期観光バスに関するお問合せ・お申し込みは、京都定期観光バス予約センターまでお願いします。
電話 075-672-2100(7 : 40〜20 : 00)

「 春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

 「平成29年度 春期京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、4月28日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した「春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・一日券   1,650円
・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
・京都1日観光きっぷ      1,200円
※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成29年5月7日(日)
【有効期間】 平成29年4月28日(金)〜 平成29年5月7日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。お求めの際は、窓口にてプランコードと「募集型企画旅行」である旨をお伝えください。
【お問い合わせ】 電話(075)754-0120(平日10〜17時)
詳細はこちら

朝日カルチャーセンター「京都非公開文化財特別公開」関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 日本最古にして最大級の国宝の三門〜東福寺 三門拝観
【日時】 平成29年4月30日(日)13:00〜16:30
【講師】 京都造形芸術大学教授 中村 利則
詳細はこちら

【講座名】 寂光院 地蔵菩薩立像の魅力〜『平家物語』ゆかりの尼寺拝観
【日時】 平成29年5月1日(月)13:00〜16:30
【講師】 同志社大学教授 井上 一稔
詳細はこちら

【講座名】 国宝の宮殿建築の美〜世界遺産 仁和寺拝観
【日時】 平成29年5月6日(土)13:00〜16:30
【講師】 京都造形芸術大学教授 中村 利則
詳細はこちら

【講座名】 紫野の古刹で国宝の襖絵を細見する〜大徳寺 本坊拝
【日時】 平成29年5月7日(日)13:00〜16:30
【講師】 京都嵯峨芸術大学教授 佐々木 正子
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター 京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

景観保持・環境整備保全事業のご案内

 当協会では文化財所有者・管理者が維持管理する庭園等の景観保持・環境整備保全の為薬剤散布を行っております。薬剤散布に関する労務費はお申込み者にご負担頂きますが、使用する薬剤費等は当協会にて負担しております。
現在平成29年度春期薬剤散布のお申し込みを受け付けております。お申込み対象は京都府内で文化財を所有する方となっております。また、所在地によって対応方法が異なりますので、ご希望の方は当ホームページの「各種お申込み」からお申込み下さい。詳細につきましては事務局よりご連絡させて頂きます。

テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝2016〜探訪 非公開文化財〜」再放送決定

 再放送決定 2月14日(火)深夜 23時から 
BS朝日・特番「春の京都・眠れる秘宝2016」

 昨年4月に放送された文化財保護の重要性を伝えるBS朝日・特別番組「春の京都・眠れる秘宝2016〜探訪 非公開文化財〜」が、好評につき再放送が決定しました。
俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんがナビゲーターとなり、京都の寺社仏閣や文化財の修復現場を訪ねながら、今日まで残されてきた文化財の素晴らしさを語り、未来に残していくことの大切さを伝えます。
本協会・田中理事長(上賀茂神社宮司)と城南宮・鳥羽宮司との対談もあります。
文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください。
特番が始まったのが、2015年春。今回再放送される特番は第2弾でした。そして、ただいま、第3弾も進行中(4月放送予定)です。現在、今春に特別公開する寺社を取材中です。ご期待ください。
※再放送の番組内で取り上げられた寺社の一部は、昨年春の特別公開箇所です。ご注意ください。

【番組タイトル】 「春の京都・眠れる秘宝2016〜探訪 非公開文化財〜」
【放送日時】 2017年2月14日(火) 23:00〜23:54
【放送局】 BS朝日 (BSデジタル放送)

こちらからもご確認頂けます。BS朝日の番組ホームページ


平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」開催のお知らせ

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」を開催します。
「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算71回目の開催になります。今回は京都市18か所を公開します。公開場所によって公開期間や公開時間が変更になる場合があります。その場合はホームページ等にてご案内させて頂きますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。


【期 間】 平成29年4月28日(金)〜5月7日(日)
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1か所大人800円、中高生400円
※「東寺 五重塔」は一部拝観料が異なる場合があります。
※「三千院」については通常拝観料(700円)でご覧いただけます。
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122 (平日 午前9時〜17時)

【特別公開】木津川市域にて臨時バス運行のご案内

 木津川市域における奈良交通臨時バス運行のご案内

 平成29年度「第53回京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、木津川市内で公開する4か所(大智寺、西念寺、常念寺、現光寺、海住山寺)の最寄りのバス停を結ぶ奈良交通の臨時バスが運行されます。

【運行日】 平成29年11月3日(金祝)、4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)
(特別公開開催期間中の土日祝日のみの運行になります。)
【運行区間】 木津駅(西口) 〜 鹿背山 〜 加茂駅(西口) 〜  岡崎
(大智寺)    (西念寺) (常念寺・現光寺)  (海住山寺)
【運行時間】 木津駅(西口)発 9:00、10:00、11:00、12:00、14:00
岡崎発      9:40、10:40、11:40、13:40、14:40
【お問合せ】 奈良交通 お客様サービスセンター
電話 0742-20-3100(8:30〜19:00)

運賃等の詳細は奈良交通ホームページでご確認下さい。

【特別公開】「第53回京都非公開文化財特別公開」の日程に関するお知らせ

 平成29年度「第53回京都非公開文化財特別公開」に関して、公開場所によって受付時間や公開期間が異なる場合がありますので、ご案内致します。

【公開期間及び受付時間】
平成29年11月1日(水)〜11月12日(日)午前9時〜午後4時(拝観受付)

【上記と異なる公開場所】

○「清浄華院」は11月1日(水)〜5日(日)の公開です。

○「廬山寺」は11月3日(金・祝)のみ正午までの拝観となります。

○「冷泉家」は11月2日(木)〜5日(日)の公開です。

○「法然院」は11月1日(水)〜7日(火)の公開です。

○「泉涌寺 本坊」は11月4日(土)のみ拝観休止です。

○「東寺 講堂・五重塔」は10月28日(土)〜11月12日(日)の公開です。
 また拝観受付は、午前9時〜午後4時30分です。

○「松花堂庭園・美術館」の拝観受付は、午前9時〜午後4時30分です。

○「海住山寺」は10月28日(土)〜11月12日(日)の公開です。

○「現光寺」は10月28日(土)〜11月12日(日)の公開です。
 また拝観受付は、午前9時30分〜午後4時です。

○「西念寺」は11月1日(水)〜11日(土)の公開です。

開催日程表はこちら

【特別公開】朝日カルチャーセンター 京都教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成29年度「第53回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 狩野派の画法と孝信の襖絵〜法然院拝観
【日 時】 平成29年11月5日(日)13:00〜16:00
【講 師】 嵯峨美術大学教授 佐々木 正子
  詳細はこちら

【講座名】 法性寺 国宝・千手観音菩薩立像の魅力 応仁の乱の戦火を免れた仏像
【日 時】 平成29年11月6日(月)13:30〜17:00
【講 師】 同志社大学教授 井上 一稔
  詳細はこちら

【講座名】 国宝の社殿建築の美〜賀茂別雷神社(上賀茂神社)拝観
【日 時】 平成29年11月8日(水)13:00〜16:00
【講 師】 京都造形芸術大学教授 中村 利則
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター 京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

【特別公開】朝日カルチャーセンター くずは教室 関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンターくずは教室(大阪府枚方市) 京都の秘仏秘宝 見どころを語る

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 くずは教室において平成29年度「第53回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。場所は京阪電車樟葉駅下車すぐの京阪くずは駅ビル3階です。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 〜秋の非公開文化財特別公開を案内〜
【日 時】 平成29年10月10日(火)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会 常務理事兼事務局長 後藤 由美子
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンターくずは教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター くずは教室
電話:072-850-1500
(月〜土 9:30〜18:30 /日曜祝日は休業)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/kuzuha

【特別公開】朝日カルチャーセンター 名古屋教室 関連講座のご案内

朝日カルチャーセンター名古屋教室(名古屋市中区) 京都山城の秘仏秘宝 見どころを語る

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 名古屋教室において平成29年度「第53回 京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。場所は地下鉄栄駅から徒歩約7分です。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京都山城の秘仏秘宝 見どころを語る 〜秋の非公開文化財特別公開を案内〜
【日 時】 平成29年10月13日(金)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会 常務理事兼事務局長 後藤 由美子
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター名古屋教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 名古屋教室
電話:052-249-5553
(月〜土 9:30〜18:30 / 日 9:30〜16:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nagoya

平成29年(2017年)第五十三次京都珍藏文化遗产特别展览 相关事宜

展?期?:平成29年(2017年)11月1日(周三)〜11月12日(周日)
※?所、??敬??参下表

景点 ??地址
1.上?茂神社 京都市北区
2.北野天?? 京都市上京区
3.大将?八神社
4.?土寺(初次参展)
5.冷泉家(11月2日〜5日)
6.清??院(11月1日〜5日)
7.?山寺(11月3日下午?休)
8.下?神社 京都市左京区
9.法然院(11月1日〜7日)
10.知恩院三? 京都市東山区
11.?源院(建仁寺山内)
12.泉涌寺 本坊(11月4日?休)
13.法性寺
14.?寺 ?堂 五重塔(10月28日〜11月12日) 京都市南区
15.石清水八幡? 八幡市
16.正法寺
17.松花堂庭院 美??
18.酬恩庵(一休寺) 京田辺市
19.常念寺(精?町)[初次参展] 相楽郡
20.大智寺[初次参展] 木津川市
21.西念寺[初次参展](11月1日〜11日)
22.海住山寺 (10月28日〜11月12日)
23.?光寺 [初次参展](10月28日〜11月12日)
24.常念寺(木津川市)[初次参展]

※参展景点及内容?平成29年7月31日?定事宜,?因祭祀、法事等原因出????更,敬??解。
※?更内容敬?参考京都古文化保存?会网址主?(http://www.kobunka.com

【日期】平成29年11月1日(周三)〜11月12日(周日)

※清??院参展日期?11月1日(周三)〜5日(周日)
※?山寺11月3日(周五)下午?休
※?寺 ?堂 五重塔、海住山寺、?光寺的参展日期?10月28日(周六)〜11月12日(周日)
※冷泉家的参展日期?11月2日(周四)〜5日(周日)????
※法然院的参展日期?11月1日(周三)〜7日(周二)
※本展?活?助力文化??保?周(11月1日〜11月7日)
※泉涌寺 本坊11月4日(周六)?休
※西念寺的参展日期?11月1日(周三)〜11日(周六)

【??】上午9?〜下午4?(参?接待)

※?寺 ?堂 五重塔、松花堂庭院 美??的接待???上午九?至下午四?三十分
※?光寺的接待???上午九?三十分至下午四?

【?用】各?均成人800日元,初、高中生400日元

※由?位成人所携至多一名小学生或儿童可享受免票?惠
※泉涌寺 本坊?需登山?票500日元

主? 公益??法人京都古文化保存?会
?情咨? 公益??法人京都古文化保存?会事?局
地址 606-8305 京都市左京区吉田河原町14 京都技術センター1階
e-mail:goiken@kobunka.com  URL:http://www.kobunka.com

※京都珍藏文化??特?展?是?宣?文化??保?而??的公益活?,活?收入将被用于文化??事?
※展?期?,由?西学生古美??盟下属大学的大学生??相?安保及引?工作
※参?者无需事前??,于???票即可参?。?外,15人以上?体参???提前??告知
※春季特?展?「平成30年(2018)春季京都珍藏文化??特?展?」活??定将于平成30年4月27日(周五)〜5月6日(周日)?行,展?相?事宜将于平成30年1月公布,敬??注

 京都珍藏文化??特?展?始于昭和40年,旨在通???文化??的参?活?,?富广大市民精神生活,并在此基?之上?国民之于文化??的?心和??。本活??年于春、秋?季各??一次,本次已是第七十二届。本次活?中包括京都市14?、八幡市3?、京田?市1?、精?町1?、木津川市5?在内共?24?寺?、神社参展。由于根据展??所的不同展???存在差?,相?要?敬?事前??。?使宝?的文化??能???流?后世,此次活?所得收入将悉数投入文化??的?修保存事?之中。

【Information】Autumn Special Exhibition 2017

 Notice of Autumn Special Exhibition 2017

 Special exhibition that Kyoto Heritage Preservation Association sponsored is an awareness rising activity of heritage preservation since 1965. Under the objective for raise citizens’ and nations’ interest for preserving heritages, we held this special exhibition every spring and autumn, and this is 72nd opening. The venues for special exhibition are 14 places in Kyoto-shi, 3 places in Yawata-shi, 1 place in Kyotanabe-shi, 1 place in Seika-cho, and 5 places in Kizugawa-shi (total of 24 places) this time. Opening days are depends on the venues, therefore we recommend to check the information guide before your visit.
 Your admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages for passing down through next generations and the future.

 Venues  Location
1. Kamigamo-jinja Shinto Shrine Kita-ku, Kyoto-shi
2. Kitano Tenmangu Shrine Kamigyo-ku, Kyoto-shi
3. Daishogun Hachijinja Shrine
4. Hodo-ji Temple
5. Reizei Familiy’s House
6. Shojoke-in Temple
7. Rozan-ji Temple
8. Shimogamo-jinja Shrine  Sakyo-ku, Kyoto-shi
9. Honen-in Temple
10. Chion-in Temple’s Sanmon  Higashiyama-ku, Kyoto-shi
11. Regen-in Temple
12. Sennyu-ji Temple’s Honbo
13. Hosho-ji Temple
14. To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda Minami-ku, Kyoto-shi
15. Iwashimizu Hachimangu Shrine  Yawata-shi
16. Shobo-ji Temple
17. Shokado Garden and Museum
18. Shuon-an Temple (Ikkyu-ji Tenple) Kyotanabe-shi
19. Jonen-ji Temple (Seika-cho) Seika-cho, Soraku-gun
20. Daichi-ji Temple Kizugawa-shi
21. Sainen-ji Temple
22. Kaijusen-ji Temple
23. Genko-ji Temple
24. Jonen-ji Temple (Kizugawa-shi)

Period
November 1, 2017 – November 12, 2017 (except blow)
□Shojoke-in Temple: November 1, 2017 – November 5, 2017
□Rozan-ji Temple: closing in the afternoon of November 3, 2017
□Reizei Familiy’s House: November 2, 2017 – November 5, 2017
□Honen-in Temple: November 1, 2017 – November 7, 2017
□Sennyu-ji Temple’s Honbo: closing in November 4, 2017
□To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda, Kaijusen-ji Temple, Genko-ji Temple: October 28, 2017 – November 12, 2017
□Sainen-ji Temple: November 1, 2017 – November 11, 2017

Acceptance Time
9 am – 4 pm
□To-ji Temple’s Kodo and Five-Storied Pagoda, and Shokado Garden and Museum accept 9 a.m. to 4:30 p.m.
□Genko-ji Temple accepts 9:30 a.m. to 4 p.m.

Admission Fee
Adults: 800 yen
Senior high/Junior high: 400 yen
※Sennyu-ji Temple’s Honbo is necessary for extra 500 yen for entering the temple.

Sponsor/Contact
Kyoto Heritage Preservation Association
E-mail: goiken@kobunka.com
URL: http://www.kobunka.com

Others
□This special exhibition is an awareness rising activity of heritage preservation.
□Admission fee is allotted for operation and maintenance of heritages.
□Students belong Kyoto Antique Union take charge of security and guidance.
□No reservation is necessary unless groups over 15 people groups. In other words, a reconversion is required for over 15 people groups.

平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」終了のお知らせ

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」を平成29年4月28日から5月7日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(秋期)の開催は平成29年11月1日(水)〜11月12日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」開催のお知らせ

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算71回目の開催になります。今回は京都市18か所を公開します。公開場所によって公開期間や公開時間が変更になる場合があります。その場合はホームページ等にてご案内させて頂きますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】 平成29年4月28日(金)〜5月7日(日)
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1か所大人800円、中高生400円
※「東寺 五重塔」は一部拝観料が異なる場合があります。
※「三千院」については通常拝観料(700円)でご覧いただけます。
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122 (平日 午前9時〜17時)

大原方面へのバスのご案内

 大原方面への京都バス路線図

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」で大原方面にお越しの場合、公共交通機関は京都バスとなります。大原方面への京都バスの路線図を作成致しました。路線によっては本数が限られますので、ご予定を立てられる際には京都バスのホームページ等で事前に発車時刻をご確認される事をお勧めします。
  なお、「京都駅〜出町柳駅」間から「古知谷」への直通バスはございませんので、「古知谷」へお越しの際は「大原」でお乗り換えをお願いします。

大原方面への京都バス路線図

京都バスのホームページ

朝日新聞デジタル特集ページのご案内

 朝日新聞デジタルで特集ページをオープン

 「平成29年度 春期京都非公開文化財特別公開」が4月28日(金)に始まるのに合わせ、朝日新聞デジタルのホームページ上で特集ページをオープンして頂きましたのでご案内いたします。今回公開される寺社の地図、ドローン空撮映像や、現地に居合わせたと錯覚するような360度パノラマ写真やフォトギャラリーなどをご覧いただけます。朝日新聞で掲載した特集記事や、デジタル版だけでお読みいただける現地ルポなどもあります。スマートフォンやタブレットでもご覧になれますので、寺社めぐりのガイド役としてもぜひお役立てください。

朝日新聞デジタルの特集ページはこちら

朝日カルチャーセンター 名古屋教室 特別公開関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター名古屋教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 名古屋教室において平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が名古屋で今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 春の「非公開文化財特別公開」を案内
【日 時】 平成29年4月21日(金)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会
常務理事兼事務局長 後藤 由美子
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター名古屋教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 名古屋教室
電話:052-249-555
(月〜土 9:30〜18:30 / 日 9:30〜16:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nagoya

朝日カルチャーセンター 中之島教室 特別公開関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター中之島教室(大阪) 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 中之島教室において平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が開講されます。当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が大阪で今回の「京都非公開文化財特別公開」の見どころをご案内します。是非この機会にご参加下さい

【講座名】 京都の秘仏秘宝 見どころを語る 春の「非公開文化財特別公開」を案内
【日 時】 平成29年4月24日(月)15:30〜17:00
【講 師】 公益財団法人京都古文化保存協会
常務理事兼事務局長 後藤 由美子
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター中之島教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター 中之島教室
電話:06-6222-5222
(月〜土 9:30〜18:30 / 第2・4日 9:30〜13:30/祝日は休業)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/nakanoshima

           

テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝2017〜探訪 非公開文化財〜」のご案内

 放送決定 4月9日(日)午後1時から2時 BS朝日「春の京都・眠れる秘宝2017

 BS朝日とテレビ朝日映像の制作、並びに朝日新聞社の協力で、文化財所有者の想いや、文化財の保存修理を行う方々のご苦労等、文化財保護の重要性を伝えると伴に、本協会が実施する「非公開文化財特別公開」事業を紹介する内容の番組が、ご好評につき第3弾として今年も放送されることになりました。俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんが進行役となり、京都の寺社仏閣や文化財の修復現場を訪ねながら、現在まで残されてきた文化財の素晴らしさを語り、今後残していくことの大切さを伝えていきます。また、本協会の佐々木丞平評議員(京都国立博物館 館長)との対談も含まれております。
 文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください

【番組タイトル】 「春の京都・眠れる秘宝2017〜探訪 非公開文化財〜」
【放送日時】 2017年4月9日(日) 午後1:00〜2:00
【放送局】 BS朝日 (BSデジタル放送)

こちらからもご確認頂けます。BS朝日の番組ホームページ

京都定期観光バスのご案内

 京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画のご案内

 平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画として以下のコースが設定されることになりましたのでご案内します

STコース 〜春期非公開文化財特別公開〜 春の特別公開文化財めぐり
北野天満宮、厭離庵、鹿王院、東福寺三門がコースに含まれています。
詳細はこちら パソコンから スマホから
※ご昼食は、清凉寺境内に店を構える湯豆腐の名店「竹仙」にて、「ゆどうふおまかせ」をお楽しみください。

定期観光バスに関するお問合せ・お申し込みは、京都定期観光バス予約センターまでお願いします。
電話 075-672-2100(7 : 40〜20 : 00)

「 春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

 「平成29年度 春期京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、4月28日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した「春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,650円
 ・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
 ・京都1日観光きっぷ      1,200円
 ※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成29年5月7日(日)
【有効期間】 平成29年4月28日(金)〜 平成29年5月7日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。お求めの際は、窓口にてプランコードと「募集型企画旅行」である旨をお伝えください。
【お問い合わせ】 電話(075)754-0120(平日10〜17時)
  詳細はこちら

朝日カルチャーセンター「京都非公開文化財特別公開」関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成29年度「春期京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 日本最古にして最大級の国宝の三門〜東福寺 三門拝観
【日時】 平成29年4月30日(日)13:00〜16:30
【講師】 京都造形芸術大学教授 中村 利則
  詳細はこちら

【講座名】 寂光院 地蔵菩薩立像の魅力〜『平家物語』ゆかりの尼寺拝観
【日時】 平成29年5月1日(月)13:00〜16:30
【講師】 同志社大学教授 井上 一稔
  詳細はこちら

【講座名】 国宝の宮殿建築の美〜世界遺産 仁和寺拝観
【日時】 平成29年5月6日(土)13:00〜16:30
【講師】 京都造形芸術大学教授 中村 利則
  詳細はこちら

【講座名】 紫野の古刹で国宝の襖絵を細見する〜大徳寺 本坊拝
【日時】 平成29年5月7日(日)13:00〜16:30
【講師】 京都嵯峨芸術大学教授 佐々木 正子
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター 京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

平成28年度 第52回京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成28年度 第52回京都非公開文化財特別公開」を平成28年10月28日から11月7日までの11日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(春期)の開催は平成29年4月28日(金)〜5月7日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」開催のお知らせ

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算70回目の開催になります。今回は京都市17か所、八幡市4か所の計21か所を公開します。公開場所によって公開期間が異なりますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。


【期 間】 平成28年10月28日(金)〜11月7日(月)
※「上賀茂神社」及び「下鴨神社」は10月17日(月)〜11月7日(月)の公開です。
※「冷泉家」は11月3日(木・祝)〜11月6日(日)の公開です。
※「法然院」は11月1日(火)〜11月7日(月)の公開です。
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1ヶ所大人800円、中高生400円
※「東寺 講堂・五重塔」は一部拝観料が異なる場合があります。
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122

平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」の日程に関するお知らせ

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」に関して、公開場所によって受付時間や公開期間が異なる場合がありますので、ご案内致します。

【公開期間及び受付時間】
平成28年10月28日(金)〜11月7日(月) 午前9時〜午後4時(拝観受付)

【上記と異なる公開場所】

○「上賀茂神社」は10月17日(月)〜11月7日(月)の公開です。
 但し、10月25日(火)は拝観できません。

○「下鴨神社」は10月17日(月)〜11月7日(月)の公開です。
 但し、10月25日(火)は拝観できません。

○「廬山寺」は11月3日(木・祝)のみ正午までの拝観となります。

○「冷泉家」は11月3日(木・祝)〜11月6日(日)の公開です。

○「法然院」は11月1日(火)〜11月7日(月)の公開です。

○「京都ハリストス正教会」は10月30日(日)と11月6日(日)の午前中は拝観できますが、係員による ご案内はございません。

○「松花堂庭園・美術館」は10月29日(土)・30日(日)と11月1日(火)〜11月6日(日)の公開です。 また、受付時間は午前9時から午後4時30分までとなります。

京都定期観光バスのご案内

 京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画のご案内

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画として2つのコースが設定されることになりましたのでご案内します。

   
STコース 秋の特別公開文化財めぐり
東寺灌頂院、京都ハリストス正教会、瑞泉寺、妙法院がコースに含まれています。
詳細はこちら パソコンから スマホから
※ご昼食は、京都東急ホテルにて「懐石ランチ」をお楽しみください。
   
SUコース 秋の特別公開文化財めぐり(午後の半日)
京都ハリストス正教会、瑞泉寺、妙法院がコースに含まれています。
詳細はこちら パソコンから スマホから

定期観光バスに関するお問合せ・お申し込みは、京都定期観光バス予約センターまでお願いします。
電話 075-672-2100(7 : 40〜20 : 00)

朝日カルチャーセンター「京都非公開文化財特別公開」関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 生誕300年、伊藤若冲の画業を追う 〜宝蔵寺拝観
【日時】 平成28年10月29日(土)13:00〜16:30
【講師】 京都嵯峨芸術大学 教授 佐々木 正子
  詳細はこちら

【講座名】 廬山寺・元三大師坐像とお前立鬼大師坐像の魅力
【日時】 平成28年10月30日(日)13:00〜16:30
【講師】 同志社大学 教授 井上 一稔
  詳細はこちら

【講座名】 現存する最古の公家屋敷―冷泉家住宅探訪
【日時】 平成28年11月5日(土)13:00〜16:30
【講師】 京都造形芸術大学 教授 中村 利則
  詳細はこちら

【講座名】 京都ハリストス正教会の壮麗なイコン見学
【日時】 平成28年11月6日(日)13:00〜16:30
【講師】 立命館大学 非常勤講師 門屋 秀一
*この講座はご好評につき満席になりました
  詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

「第52回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売

 「平成28年度 第52回京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、10月28日(一部除く)より始まります。
京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した「第52回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,650円
 ・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
・京都1日観光きっぷ      1,200円
※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成28年11月7日(月)
【有効期間】 平成28年10月28日(金)〜 平成28年11月7日(月)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。お求めの際は、窓口にてプランコードと「募集型企画旅行」である旨をお伝えください。
【お問い合わせ】 電話(075)754-0120(平日10〜17時)
  詳細はこちら

八幡地区方面のバス時刻表を作成しました

 正法寺、松花堂庭園・美術館へお越しの方

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」では八幡市内で4か所の公開を予定しております。その中でバスでのご利用が多いと思われる、正法寺と松花堂庭園・美術館方面のバス時刻表を作成しました。路線によっては運行本数が少ないバスもありますので、事前にご確認される事をお勧めします。

正法寺へお越しの方はこちら
松花堂庭園・美術館へお越しの方はこちら

平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

「平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開」を平成28年4月29日から5月8日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(秋期)の開催は平成28年10月28日(金)〜11月7日(月)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開開催のお知らせ

 平成28年度「春期京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算69回目の開催になります。今回は伏見区を中心に17ヵ所を公開します。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】 平成28年4月29日(金・祝)〜5月8日(日)
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1ヶ所大人800円、中高生400円 ※「東寺 五重塔」は一部拝観料が異なります。
【その他】 基本的に事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします
  詳細はこちら
  特別公開リーフレットはこちら

<お問合せ先>
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話:075-754-0120/FAX075-754-0122

日野・醍醐地区方面のバス時刻表を作成しました。

 お問合せの多い、日野・醍醐地区(善願寺、法界寺、恵福寺)方面のバスの時刻表を作成しました。バスでの移動を計画されている方は、路線によっては本数が少ないバスもありますので、事前に運行時刻をご確認されるのをお勧めいたします。

バス時刻表はこちら

竹田・伏見地区のバス時刻表を作成しました。

 京都非公開文化財特別公開お役立ちバス時刻表

 竹田・伏見地区のバスの時刻表を作成いたしました。バスでの移動を計画されている方は、路線によっては本数が少ないバスもありますので、事前に運行時刻をご確認されるのをお勧めいたします。

バス時刻表はこちら

小学生・中学生記者、文化財取材!

 昨年実施された「第53回小中学生記者の文化財取材コンクール」で入賞した3名の小中学生が、今春の京都非公開文化財特別公開にて御本尊の丈六地蔵菩薩坐像などが公開される善願寺(京都市伏見区醍醐南里町)を一足早く訪ねて取材し、記事を作成してもらいました。作成して頂きました記事を掲載させて頂きますので、是非ご一読下さい。

取材記事はこちら

テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝〜探訪2016 非公開文化財〜」のご案内

 BS朝日とテレビ朝日映像の制作、並びに朝日新聞社の協力で、文化財所有者の想いや、文化財の保存修理を行う方々のご苦労等、文化財保護の重要性を伝えると伴に、本協会が実施する「非公開文化財特別公開」事業を紹介する内容の番組が昨年放送されましたが、好評につき今年も放送されることになりました。俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんが進行役となり、京都の寺社仏閣や文化財の修復現場を訪ねながら、現在まで残されてきた文化財の素晴らしさを語り、今後残していくことの大切さを伝えていきます。また、本協会の田中理事長(上賀茂神社宮司)、城南宮鳥羽宮司との対談も含まれております。
 文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください。

【番組タイトル】 4春の京都・眠れる秘宝 2016〜探訪 非公開文化財〜
【放送日時】 2016年4月10日(日) 午後1:00〜1:56
【放送局】 BS朝日 (衛星放送)

こちらからもご確認頂けます。BS朝日の番組ホームページ


「春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

 「平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、4月29日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した「第春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,650円
 ・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
 ・京都1日観光きっぷ      1,200円
 ※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成28年5月8日(日)
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
【有効期間】 平成28年4月29日(金・祝)〜 平成28年5月8日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。お求めの際は、窓口にてプランコードと「募集型企画旅行」である旨をお伝えください。
【お問い合わせ】 電話(075)754-0120(平日10〜17時)
  詳細はこちら

朝日カルチャーセンター「対談 文化財とファッション はかなさの美」

 朝日カルチャーセンター新宿教室 京都非公開文化財特別公開関連講

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室において、当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が朝日新聞ファッション担当編集委員高橋牧子さんと対談する「文化財とファッション はかなさの美」が下記の通り開講されます。
 「文化財の保護」と「ファッション」という異なる視点から、二人の講師による対談を通して、それぞれの領域の特性を踏まえながら、美を巡る共通の感覚を探ります。
 東京(新宿)での開催になりますが、他では見ることができない異色のコンビによる講座となっておりますので、是非この機会にご参加下さい。

【日時】 4月2日(土) 15:30〜17:00
【場所】 新宿住友ビル7階
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
【受講料】 3,024円
  詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
 住所:東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル4階 (受付)
 電話:03-3344-2041(平日9:30〜19:00 / 土9:30〜18:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/shinjuku

朝日カルチャー「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観のご案内

 朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において「平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみいただけるように、「匠の技」と「秘宝・秘仏」シリーズとして下記の講座が開講されます。
講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話を聴くことができる講座もございますので、是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 法界寺・薬師如来立像と恵福寺・阿弥陀如来立像の魅力
【日時】 2016年4月30日(土) 13:00〜17:30
【講師】 同志社大学教授 井上一稔
  詳細はこちら

【講座名】 大工の棟梁から学ぶ寺社建築の魅力と体験〜栄春寺と長建寺拝観
【日時】 2016年5月1日(日) 10:30〜16:30
【講師】 有限会社題空鈴木組代表 佐藤竜平
  詳細はこちら

【講座名】 石からみた文化財の魅力に迫る〜城南宮と安楽寿院拝観
【日時】 2016年5月2日(月) 10:00〜16:30
【講師】 株式会社芳村石材店代表取締役社長 山田俊行
城南宮宮司 鳥羽重宏
  詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開」を平成27年10月30日から11月8日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(春季)の開催は平成28年4月29日(金)〜5月8日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ご案内させて頂きます。

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開開催のお知らせ

 平成27年度「第51回京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算68回目の開催になります。今回は「昼の部」と「夜の部」を開催します。「昼の部」の拝観時間は午前9時から午後4時までで、19ヶ所を公開します。「夜の部」の拝観時間は午後5時30分から午後8時30分までで、2ヶ所を公開します。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】
平成27年10月30日(金)〜11月8日(日) ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
「冷泉家」は10月31日(土)〜11月3日(火)
「法然院」は11月1日(日)〜11月7日(土)

【時 間】
「昼の部」午前9時〜午後4時(拝観受付)
「夜の部」午後5時30分〜午後8時30分(拝観受付)
※ 石見神楽と今様(白拍子)は、それぞれの公開場所でいずれかを1日1回ご奉納します。

【拝観料】
1ヶ所大人800円、中高生400円
※「東寺 講堂・五重塔」は一部拝観料が異なります。
※「龍安寺 蔵六庵」は「龍安寺」通常拝観もご覧いただけます。 .

【その他】
基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122

開催要項はこちら

特別公開リーフレットはこちら

「第51回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

「平成27年度 第51回京都非公開文化財 特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、10月30日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した商品として、「第51回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,650円
 ・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
 ・京都1日観光きっぷ      1,200円
  ※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
 拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
 割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
 ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成27年11月8日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)

【お問い合せ】

公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話(075)754-0120(平日10〜17時)
  詳細はこちら

朝日カルチャー「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観のご案内

 朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において「平成27年度 京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみ頂けるように、「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観シリーズとして下記の3講座が開講されます。
 講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話を聴くことができる講座もございますので、是非この機会にご参加下さい。
 詳細はこちらをご確認下さい。

● 東寺・十二神将の魅力
 日時:11月2日(月)13:00〜16:30
 講師:同志社大学教授 井上 一稔
  詳細はこちら

● 寺社彩色の現場と東寺拝観
 日時:11月4日(水)13:00〜16:30
 講師:(有)川面美術研究所 代表取締役所長 荒木 かおり
  詳細はこちら

● 瓦から学ぶ寺院建築と泉涌寺の即成院拝観
 日時:11月5日(木)13:00〜16:30
 講師:株式会社寺本甚兵衛製瓦 代表取締役 寺本 光男
  詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto/

「文化財とファッション〜京の美を巡って〜」のご案内

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室において、当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が朝日新聞ファッション担当編集委員高橋牧子さんと対談する「文化財とファッション〜京の美を巡って〜」が下記の通り開講されます。
 「文化財の保護」と「ファッション」という異なる視点から、二人の講師による対談を通して、それぞれの領域の特性を踏まえながら、美を巡る共通の感覚を探ります。
 東京(新宿)での開催になりますが、他では見ることができない異色のコンビによる講座となっておりますので、是非この機会にご参加下さい。

【日時】 10月25日(日) 14:30〜16:00
【場所】 新宿住友ビル7階(朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室)
【受講料】 3,024円

詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ・お申込み>
■朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
住所:東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル4階 (受付)
電話:03−3344−2041(平日9:30〜19:00 / 土9:30〜18:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/shinjuku

平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開」を平成27年4月29日から5月10日までの12日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(秋季)の開催は平成27年10月30日(金)〜11月8日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ご案内させて頂きます。

平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開実施のお知らせ

 平成27年度「春季京都非公開文化財特別公開」を開催致します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算67回目の開催になります。別紙の通り今回は19か所を公開します。
 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】平成27年4月29日(水・祝)〜5月10日(日)
     ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
【時 間】午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】1ヶ所大人800円、中高生400円
     ※「毘沙門堂」及び「東寺五重塔」については一部拝観料が異なる場合があります。
【その他】基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。
【お問い合せ】公益財団法人京都古文化保存協会事務局
       電話075-561-1795/FAX075-561-1791。

 開催要項はこちら

 特別公開リーフレットはこちら

テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝〜探訪 非公開文化財〜」のご案内

 BS朝日とテレビ朝日映像の制作、並びに朝日新聞社の協力で、本協会が実施する「京都非公開文化財特別公開」事業及び、文化財所有者の想いや、文化財の保存修理を行う方々の苦労等を紹介し、文化財保護の重要性を伝える内容の番組が放送されることになりました。俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんが進行役となり、文化財保護の現場を紹介していきます。
 文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください。

【番組タイトル】 「春の京都・眠れる秘宝 〜探訪 非公開文化財〜」
【放送日時】 2015年4月12日(日) 午後1:00〜2:00
【放送局】 BS朝日
こちらからもご確認頂けます。 BS朝日の番組ホームページ

「京の秘宝拝観と匠の技見学講座」のご案内

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室において「平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみ頂けるように、「京の秘宝拝観と匠の技見学講座」が下記の通り開講されます。
 講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話も聴くことができますので、是非この機会にご参加下さい。  
 (朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 )

 詳細はこちらをご確認下さい。

● 伏見稲荷大社拝観と錺金具工房の見学
 日時:4月30日(木)13:00〜17:00
 講師:森本錺金具製作所代表取締役 森本 安之助
   詳細はこちら

● 石清水八幡宮で学ぶ檜皮葺の技と檜皮葺体験
 日時:5月1日(金)13:00〜17:00
 講師:宮川屋根工業代表取締役 宮川 義史
   詳細はこちら

● くろ谷金戒光明寺で学ぶ寺社修理の実際
 日時:5月2日(土)13:00〜16:30
 講師:伸和建設株式会社取締役設計部長 小西 隆夫
   詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室までお願い致します。
また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

■朝日カルチャーセンター朝日 JTB・交流文化塾京都教室
 電話:075-231-9693

『 第17回 文化財修理修復保全の無料相談会 』実施のお知らせ

平成29年3月11日(土)に「第17回 文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都府城陽市で開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。

【日時】 平成29年3月11日(土)
・無料相談会  午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・体験コーナー 午前10時〜午後4時まで
【場所】 文化パルク城陽 大会議室(東館4階)京都府城陽市寺田今掘1番地
【申込方法】 事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
*体験コーナーへの申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com
詳細はこちら

平成28年度 第52回京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成28年度 第52回京都非公開文化財特別公開」を平成28年10月28日から11月7日までの11日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
次回(春期)の開催は平成29年4月28日(金)〜5月7日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

京都定期観光バスのご案内

 京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画のご案内

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」の開催に伴い、京阪バスが運行する京都定期観光バスとの提携企画として2つのコースが設定されることになりましたのでご案内します。

STコース 秋の特別公開文化財めぐり
東寺灌頂院、京都ハリストス正教会、瑞泉寺、妙法院がコースに含まれています。
詳細はこちら パソコンから スマホから
※ご昼食は、京都東急ホテルにて「懐石ランチ」をお楽しみください。
SUコース 秋の特別公開文化財めぐり(午後の半日)
京都ハリストス正教会、瑞泉寺、妙法院がコースに含まれています。
詳細はこちら パソコンから スマホから

定期観光バスに関するお問合せ・お申し込みは、京都定期観光バス予約センターまでお願いします。
電話 075-672-2100(7 : 40〜20 : 00)

朝日カルチャーセンター「対談 文化財とファッション きらめきの美」

 朝日カルチャーセンター 新宿教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室において、当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が朝日新聞ファッション担当編集委員高橋牧子さんと対談する「文化財とファッション きらめきの美」が下記の通り開講されます。
今回で5回目となるこの企画は「文化財保護」と「ファッション」という異なる視点から、毎回異なるテーマで対談を行い、美を巡る共通の感覚を探っていきます。日本の文化財と海外のファッションの意外な共通点が見つかるかもしれません。東京(新宿)での開催になりますが、是非ご参加下さい。

【日時】 平成28年10月23日(日)14:30〜16:00
【場所】  新宿住友ビル10階
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室
【受講料】 3,024円
詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申し込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちら(リンク@をお願いします)からもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室
電話:03-3344-2041(平日9:30〜19:00/土9:30〜18:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/shinjuku

朝日カルチャーセンター「京都非公開文化財特別公開」関連講座のご案内

 朝日カルチャーセンター京都教室 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」に関連した講座が朝日新聞社との共催で開講されます。教室で講義を受けた後、現地にて講師の解説を聴きながら拝観ができる内容になっております。是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 生誕300年、伊藤若冲の画業を追う 〜宝蔵寺拝観
【日時】 平成28年10月29日(土)13:00〜16:30
【講師】 京都嵯峨芸術大学 教授 佐々木 正子
詳細はこちら

【講座名】 廬山寺・元三大師坐像とお前立鬼大師坐像の魅力
【日時】 平成28年10月30日(日)13:00〜16:30
【講師】 同志社大学 教授 井上 一稔
詳細はこちら

【講座名】 現存する最古の公家屋敷―冷泉家住宅探訪
【日時】 平成28年11月5日(土)13:00〜16:30
【講師】 京都造形芸術大学 教授 中村 利則
詳細はこちら

【講座名】 京都ハリストス正教会の壮麗なイコン見学
【日時】 平成28年11月6日(日)13:00〜16:30
【講師】 立命館大学 非常勤講師 門屋 秀一
*この講座はご好評につき満席になりました
詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらからでもご確認、お申込み頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

「第52回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売

 「平成28年度 第52回京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、10月28日(一部除く)より始まります。
京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した「第52回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・一日券   1,650円
・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
・京都1日観光きっぷ      1,200円
※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成28年11月7日(月)
【有効期間】 平成28年10月28日(金)〜 平成28年11月7日(月)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。お求めの際は、窓口にてプランコードと「募集型企画旅行」である旨をお伝えください。
【お問い合わせ】 電話(075)754-0120(平日10〜17時)
詳細はこちら

八幡地区方面のバス時刻表を作成しました

 正法寺、松花堂庭園・美術館へお越しの方

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」では八幡市内で4か所の公開を予定しております。その中でバスでのご利用が多いと思われる、正法寺と松花堂庭園・美術館方面のバス時刻表を作成しました。路線によっては運行本数が少ないバスもありますので、事前にご確認される事をお勧めします。

正法寺へお越しの方はこちら
松花堂庭園・美術館へお越しの方はこちら

平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」の日程に関するお知らせ

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」に関して、公開場所によって受付時間や公開期間が異なる場合がありますので、ご案内致します。

【公開期間及び受付時間】
平成28年10月28日(金)〜11月7日(月) 午前9時〜午後4時(拝観受付)

【上記と異なる公開場所】

○「上賀茂神社」は10月17日(月)〜11月7日(月)の公開です。
但し、10月25日(火)は拝観できません。

○「下鴨神社」は10月17日(月)〜11月7日(月)の公開です。
但し、10月25日(火)は拝観できません。

○「廬山寺」は11月3日(木・祝)のみ正午までの拝観となります。

○「冷泉家」は11月3日(木・祝)〜11月6日(日)の公開です。

○「法然院」は11月1日(火)〜11月7日(月)の公開です。

○「京都ハリストス正教会」は10月30日(日)と11月6日(日)の午前中は拝観できますが、係員による ご案内はございません。

○「松花堂庭園・美術館」は10月29日(土)・30日(日)と11月1日(火)〜11月6日(日)の公開です。 また、受付時間は午前9時から午後4時30分までとなります。

【information】2016 Autumn Special Exhibitions

2016 Autumn Special Exhibitions

■Period
October 28, 2016-November 7, 2016 (except a part)

■Admission Hours 9:00am-4:30pm
*Please enter 30 minutes before the closure.

■Admission fee
Adults 800 yen
Senior High/Junior High School Students 400 yen (except a part)

■Venue
01 Kamigamo-jinja shinto shrine
(Period: October 17-November 7)
02 Myorenji Temple
03 Syojokein Temple
04 Rozanji Temple
(November 3 is the Admission Hours from 9:00am to 12:00pm)
05 The Reizei family home (a court noble's residence)
(Period: November 3-November 6)
06 Shimogamo-jinja
(Period: October 17-November 7)
07 Honenin Temple
(Period: November 1-November 7)
08 Zuisenji Temple
09 Seiganji Temple
10 Hozoji Temple
11 Anyoji Temple
12 The Orthodox Church in Kyoto
13 Chion-in Sanmon Gate
14 Myoho-in Temple
15 Byodoji Temple
16 Toji Kanjoin
17 Tojo Kodo Hall,Pagota
18 Iwashimizu-Hachimangu
19 Jinnouji Temple
20 Syoboji Temple
21 Shokado Garden Art Museum
(Period: October 29-30,November 1-6)

「第54回小中学生記者の文化財取材コンクール」実施のお知らせ

 「第54回小中学生記者の文化財取材コンクール」を六道珍皇寺(京都市東山区)にて開催することになりましたので、お知らせいたします。
本事業は文化財保護の次世代を担う小学生・中学生を対象に、取材を通して文化財への関心を深め、愛護の精神を養うことを目的として昭和37年から実施している事業です。

「第54回小中学生記者の文化財取材コンクール」実施のお知らせ

 「第54回小中学生記者の文化財取材コンクール」を六道珍皇寺(京都市東山区)にて開催することになりましたので、お知らせいたします。
本事業は文化財保護の次世代を担う小学生・中学生を対象に、取材を通して文化財への関心を深め、愛護の精神を養うことを目的として昭和37年から実施している事業です。

【日時】 平成28年7月31日(日) 午後2時 〜 午後4時(午後1時30分より受付開始)
【集合場所】 東山区総合庁舎 北館3階 大会議室(京都市東山区清水五丁目130-6)
※集合場所と取材場所が異なりますのでご注意下さい。
【取材場所】 六道珍皇寺(京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町595)
【対象】 京都府内に在住または通学する小学生・中学生
※参加にあたっては先生または保護者の引率が必要です
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com

詳細はこちら

NHK文化センター「京の匠・文化財保存の技〜文化財ドック見学・体験〜」

 主催:NHK文化センター 梅田教室  協力:公益財団法人京都古文化保存協会、文友会

 NHK文化センター 梅田教室では「第16回文化財ドック」と同時開催される「匠の技展と体験コーナー」に参加できる「京の匠・文化財保存の技〜文化財ドック見学・体験」講座が開催されます。当日は京都外国語大学教授、国際文化資料館館長の南博史先生の講義により社寺建築の歴史を学んだ後に、「匠の技展と体験コーナー」に参加して頂きます。文化財がどの様に修理され現在まで受け継がれてきたのかを体験しながら学べる講座内容になっております。

【講座名】 京の匠・文化財保存の技〜文化財ドック見学・体験〜
【日時】 2016年7月23日(土) 10:00〜12:30
【講師】 京都外国語大学教授、国際文化資料館館長 南博史
【会場】 「京都テルサ」(地下鉄「九条」駅徒歩約5分)
【お問い合せ】 「京都テルサ」(地下鉄「九条」駅徒歩約5分)

詳細はこちらをご確認下さい。
この講座に関するお問合せやお申込みは、直接NHK文化センター 梅田教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問い合せ> NHK文化センター 梅田教室
電話:06‐6367‐0880(9:30〜19:00日曜は15:00まで)
ホームページ:https://www.nhk-cul.co.jp/school/umeda/

『 第16回 文化財修理修復保全の無料相談会 』実施のお知らせ

平成28年7月23日(土)に「第16回文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都市で開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。

 

【日時】 平成28年7月23日(土)
・無料相談会  午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・体験コーナー 午後1時 〜午後4時まで
【場所】 京都テルサ セミナー室(東館2階)
京都市南区東九条下殿田町70番地
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
【申込方法】 事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
*体験コーナーへの申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
E-mail:goiken@kobunka.com
詳細はこちら

平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」開催のお知らせ

 平成28年度「第52回京都非公開文化財特別公開」を開催します。
「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算70回目の開催になります。今回は京都市17か所、八幡市4か所の計21か所を公開します。公開場所によって公開期間が異なりますので開催要項等で事前のご確認をお願いします。
皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。


【期 間】 平成28年10月28日(金)〜11月7日(月)
※「上賀茂神社」及び「下鴨神社」は10月17日(月)〜11月7日(月)の公開です。
※「冷泉家」は11月3日(木・祝)〜11月6日(日)の公開です。
※「法然院」は11月1日(火)〜11月7日(月)の公開です。
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1ヶ所大人800円、中高生400円
※「東寺 講堂・五重塔」は一部拝観料が異なる場合があります。
【その他】 事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122

平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

「平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開」を平成28年4月29日から5月8日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
次回(秋期)の開催は平成28年10月28日(金)〜11月7日(月)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ホームページ等でご案内させて頂きます。

日野・醍醐地区方面のバス時刻表を作成しました。

 お問合せの多い、日野・醍醐地区(善願寺、法界寺、恵福寺)方面のバスの時刻表を作成しました。バスでの移動を計画されている方は、路線によっては本数が少ないバスもありますので、事前に運行時刻をご確認されるのをお勧めいたします。

バス時刻表はこちら

竹田・伏見地区のバス時刻表を作成しました。

 京都非公開文化財特別公開お役立ちバス時刻表

 竹田・伏見地区のバスの時刻表を作成しました。バスでの移動を計画されている方は、路線によっては本数が少ないバスもありますので、事前に運行時刻をご確認されるのをお勧めいたします。

バス時刻表はこちら

小学生・中学生記者、文化財取材!

 昨年実施された「第53回小中学生記者の文化財取材コンクール」で入賞した3名の小中学生が、今春の京都非公開文化財特別公開にて御本尊の丈六地蔵菩薩坐像などが公開される善願寺(京都市伏見区醍醐南里町)を一足早く訪ねて取材し、記事を作成してもらいました。作成して頂きました記事を掲載させて頂きますので、是非ご一読下さい。

取材記事はこちら

テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝2016〜探訪 非公開文化財〜」のご案内

 BS朝日とテレビ朝日映像の制作、並びに朝日新聞社の協力で、文化財所有者の想いや、文化財の保存修理を行う方々のご苦労等、文化財保護の重要性を伝えると伴に、本協会が実施する「非公開文化財特別公開」事業を紹介する内容の番組が昨年放送されましたが、好評につき今年も放送されることになりました。俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんが進行役となり、京都の寺社仏閣や文化財の修復現場を訪ねながら、現在まで残されてきた文化財の素晴らしさを語り、今後残していくことの大切さを伝えていきます。また、本協会の田中理事長(上賀茂神社宮司)、城南宮鳥羽宮司との対談も含まれております。
文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください。

【番組タイトル】 春の京都・眠れる秘宝2016〜探訪 非公開文化財〜
【放送日時】 2016年4月10日(日) 午後1:00〜1:56
【放送局】 BS朝日 (衛星放送)

こちらからもご確認頂けます。BS朝日の番組ホームページ


「春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

 「平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、4月29日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した「春期京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・一日券   1,650円
・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
・京都1日観光きっぷ      1,200円
※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成28年5月8日(日)
【有効期間】 平成28年4月29日(金・祝)〜 平成28年5月8日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
「文化財まもる+きっぷ」はエースJTB募集型企画旅行です。お求めの際は、窓口にてプランコードと「募集型企画旅行」である旨をお伝えください。
【お問い合わせ】 電話(075)754-0120(平日10〜17時)
詳細はこちら

朝日カルチャーセンター「対談 文化財とファッション はかなさの美」

 朝日カルチャーセンター新宿教室 京都非公開文化財特別公開関連講

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室において、当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が朝日新聞ファッション担当編集委員高橋牧子さんと対談する「文化財とファッション はかなさの美」が下記の通り開講されます。
「文化財の保護」と「ファッション」という異なる視点から、二人の講師による対談を通して、それぞれの領域の特性を踏まえながら、美を巡る共通の感覚を探ります。
東京(新宿)での開催になりますが、他では見ることができない異色のコンビによる講座となっておりますので、是非この機会にご参加下さい。

【日時】 4月2日(土) 15:30〜17:00
【場所】 新宿住友ビル7階
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
【受講料】 3,024円
詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、 こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ・お申込み>
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
 住所:東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル4階 (受付)
 電話:03-3344-2041(平日9:30〜19:00 / 土9:30〜18:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/shinjuku

朝日カルチャー「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観のご案内

 朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において「平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみいただけるように、「匠の技」と「秘宝・秘仏」シリーズとして下記の講座が開講されます。
講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話を聴くことができる講座もございますので、是非この機会にご参加下さい。


【講座名】 法界寺・薬師如来立像と恵福寺・阿弥陀如来立像の魅力
【日時】 2016年4月30日(土) 13:00〜17:30
【講師】 同志社大学教授 井上一稔
詳細はこちら

【講座名】 大工の棟梁から学ぶ寺社建築の魅力と体験〜栄春寺と長建寺拝観
【日時】 2016年5月1日(日) 10:30〜16:30
【講師】 有限会社題空鈴木組代表 佐藤竜平
詳細はこちら

【講座名】 石からみた文化財の魅力に迫る〜城南宮と安楽寿院拝観
【日時】 2016年5月2日(月) 10:00〜16:30
【講師】 株式会社芳村石材店代表取締役社長 山田俊行
城南宮宮司 鳥羽重宏
詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

平成28年度 春期京都非公開文化財特別公開開催のお知らせ

 平成28年度「春期京都非公開文化財特別公開」を開催します。
「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算69回目の開催になります。今回は伏見区を中心に17ヵ所を公開します。
皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】 平成28年4月29日(金・祝)〜5月8日(日)
【時 間】 午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】 1ヶ所大人800円、中高生400円 ※「東寺 五重塔」は一部拝観料が異なります。
【その他】 基本的に事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします
詳細はこちら
特別公開リーフレットはこちら

<お問合せ先>
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話:075-754-0120/FAX075-754-0122


朝日カルチャーセンター・京都 公開講座『 京の匠の技 大見学会 』のご案内

 公益財団法人京都古文化保存協会・文友会 協力講座

 朝日カルチャーセンター京都教室では「京の匠の技」を見て、聞いて、体験していただける講座の開講を予定しています。
 本講座では建築、表具、彩色、飾り金具、檜皮葺、畳、瓦など、京都の伝統技術のスペシャリスト集団「文友会」の職人よる実演の見学や、カンナ削りや丸太組、檜皮葺などのミニ体験、そして職人との会話を通じて文化財修復の奥深い世界に触れていただけます。
 また、京都文化博物館の学芸員を22年勤められ、現在京都外国語大学教授・国際文化資料館館長の南博史先生を講師としてお招きし、文化財の歴史と未来についてご講義いただきます。
是非この機会にご参加下さい。

【講座名】 京の匠の技 大見学会(京都古文化保存協会・文友会協力講座)
聞いて・見て・体験して知るホンモノのすごさ!
【日時】 2016年2月13日(土) 10:00〜12:30
【会場】 京都JA会館 6階(京都駅八条口から徒歩6分)
【講師】 京都外国語大学教授・国際文化資料館館長 南 博史
  詳細はこちら

 この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター京都教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto

『 第15回 文化財修理修復保全の無料相談会 』実施のお知らせ

 平成28年2月13日(土)に「第15回文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都市で開催する事が決定しましたのでお知らせ致します。

 「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。また同時開催の「匠の技展」では、文化財を育む技術を体感できる「伝統技術の体験コーナー」を設置致します。

【日時】 平成28年2月13日(土)
・無料相談会  午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
・体験コーナー 午後1時 〜午後4時まで
【場所】 京都JA会館 6階
京都市南区東九条西山天王町1番地
【申込方法】 事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
※体験コーナーへの申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。
  詳細はこちら

『 第53回 小中学生記者の文化財取材コンクール 』審査結果のお知らせ

 平成27年7月28日(火)に実施致しました「第53回 小中学生記者の文化財取材コンクール」において、多数の小中学生にご参加頂きありがとうございました。
 ご応募頂きました作品に関して厳正に審査をさせて頂きました結果、別紙の通り入賞者が決定いたしましたので、ご報告させて頂きます。また、各賞の入賞者と一部の作品は平成27年11月5日付の京都新聞に掲載されております。
 なお、入賞者への表彰は平成27年11月11日(水)に京都新聞文化ホールにて開催致しました。

コンクール入賞者一覧

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開」を平成27年10月30日から11月8日までの10日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(春季)の開催は平成28年4月29日(金)〜5月8日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ご案内させて頂きます。

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開開催のお知らせ

 平成27年度「第51回京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算68回目の開催になります。今回は「昼の部」と「夜の部」を開催します。「昼の部」の拝観時間は午前9時から午後4時までで、19ヶ所を公開します。「夜の部」の拝観時間は午後5時30分から午後8時30分までで、2ヶ所を公開します。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】
平成27年10月30日(金)〜11月8日(日) ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
「冷泉家」は10月31日(土)〜11月3日(火)
「法然院」は11月1日(日)〜11月7日(土)

【時 間】
「昼の部」午前9時〜午後4時(拝観受付)
「夜の部」午後5時30分〜午後8時30分(拝観受付)
※ 石見神楽と今様(白拍子)は、それぞれの公開場所でいずれかを1日1回ご奉納します。

【拝観料】
1ヶ所大人800円、中高生400円
※「東寺 講堂・五重塔」は一部拝観料が異なります。
※「龍安寺 蔵六庵」は「龍安寺」通常拝観もご覧いただけます。 .

【その他】
基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122

開催要項はこちら

特別公開リーフレットはこちら

「第51回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」の発売について

「平成27年度 第51回京都非公開文化財 特別公開」(主催:京都古文化保存協会 特別協力:朝日新聞社)が、10月30日より始まります。 京都古文化保存協会では、「京都非公開文化財特別公開」を開催するにあたり、京都市交通局、京阪電気鉄道株式会社と連携した商品として、「第51回京都非公開文化財特別公開 文化財まもる+きっぷ」を発売中です。

【発売額】 ◇京都市交通局 市バス・地下鉄が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・一日券   1,650円
 ・二日券   2,450円
◇京阪電車の指定区間が乗り降り自由の乗車券(引換証)をセット
 ・大阪・京都1日観光きっぷ   1,400円
 ・京都1日観光きっぷ      1,200円
  ※拝観の手引と乗車券のセットの価格です。
 拝観の手引には割引券150円分6枚つづりがついています。
 割引券は特別公開の受付で一か所につき一枚利用できます。
 ただし、拝観料大人800円にのみ適用されます。
【発売期間】 発売中 〜 平成27年11月8日(日)
【発売箇所】 全国のJTB各店などエースJTB取り扱い店舗
(プランコード:1WGS137-3)
【お問い合せ】 公益財団法人京都古文化保存協会 事務局
電話(075)754-0120(平日10〜17時)
  詳細はこちら

朝日カルチャー「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観のご案内

 朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 京都非公開文化財特別公開関連講座

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾 京都教室において「平成27年度 京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみ頂けるように、「匠の技」見学と「秘宝・秘仏」拝観シリーズとして下記の3講座が開講されます。
 講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話を聴くことができる講座もございますので、是非この機会にご参加下さい。
 詳細はこちらをご確認下さい。

● 東寺・十二神将の魅力
 日時:11月2日(月)13:00〜16:30
 講師:同志社大学教授 井上 一稔
  詳細はこちら

● 寺社彩色の現場と東寺拝観
 日時:11月4日(水)13:00〜16:30
 講師:(有)川面美術研究所 代表取締役所長 荒木 かおり
  詳細はこちら

● 瓦から学ぶ寺院建築と泉涌寺の即成院拝観
 日時:11月5日(木)13:00〜16:30
 講師:株式会社寺本甚兵衛製瓦 代表取締役 寺本 光男
  詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ先>
朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾京都教室
電話:075-231-9693
ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto/

「文化財とファッション〜京の美を巡って〜」のご案内

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室において、当協会常務理事兼事務局長後藤由美子が朝日新聞ファッション担当編集委員高橋牧子さんと対談する「文化財とファッション〜京の美を巡って〜」が下記の通り開講されます。
 「文化財の保護」と「ファッション」という異なる視点から、二人の講師による対談を通して、それぞれの領域の特性を踏まえながら、美を巡る共通の感覚を探ります。
 東京(新宿)での開催になりますが、他では見ることができない異色のコンビによる講座となっておりますので、是非この機会にご参加下さい。

【日時】 10月25日(日) 14:30〜16:00
【場所】 新宿住友ビル7階(朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室)
【受講料】 3,024円

詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾新宿教室までお願い致します。 また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

<お問合せ・お申込み>
■朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾新宿教室
住所:東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル4階 (受付)
電話:03−3344−2041(平日9:30〜19:00 / 土9:30〜18:30)
ホームページ:https://www.asahiculture.jp/shinjuku

日本美術シンポジウム「京都から世界へ!そして未来へ!」ご案内

 東日本大震災以来、京都においても被災時の対策を考える機会が多くなっております。その一端として、日本美術シンポジウム「京都から世界へ!そして未来へ!」(主催:京都嵯峨芸術大学)が開催されます。文化財の防災や有事の対応を学び、文化財をいかに守るかを考える機会になるかと思いますので、ご案内致します。

【開催日時】 2015年10月24日(土)
〈受付〉12:00(12:30〜バーチャルリアリティー映像を上映します。)
〈時間〉13:00〜17:00
【場所】 京都嵯峨芸術大学本部キャンパス「講堂」 京都市右京区嵯峨五島町1番地
【内容】 主催者挨拶 服部精村大覚寺派宗務総長・京都嵯峨芸術大学理事長
  ご挨拶 門川大作京都市長
  基調講演
「世界の中の日本美術」
  三笠宮彬子女王殿下
  「在外日本の美術の日本における啓蒙活動」
  ジョー・プライスご夫妻(司会 佐々木正子)
  「日本文化・文化財の未来の為に考えるべき事」
  京都国立博物館 佐々木丞平館長
  「復元による技術継承」
  一般材財団法人日本伝統織物研究所 龍村光峯代表理事
  「被災文化財への対応について」
  株式会社岡墨光堂代表取締役 岡岩太郎社長
  「文化財環境のバーチャルリアリティー化による可能性」
  凸版印刷株式会社文化事業推進本部 奥窪宏太氏
【参加費】 無料
【申込方法】 1つの組織から複数の参加が出来ます。 1人1枚ずつ申込用紙に記入して、FAXか郵送でお申込み下さい。
申込用紙はこちら
(FAX)075−881−7133
(宛先)〒616−8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地
京都嵯峨芸術大学 シンポジウム係
【応募締切】 10月17日(土)当日消印有効
【お問合せ先】 075−864−7898
【応募締切】 京都嵯峨芸術大学 シンポジウム係
※当日は申込用紙をご持参下さい。参加証となります。

平成27年度 第51回京都非公開文化財特別公開開催のお知らせ

 平成27年度「第51回京都非公開文化財特別公開」を開催します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算68回目の開催になります。今回は「昼の部」と「夜の部」を開催します。「昼の部」の拝観時間は午前9時から午後4時までで、19ヶ所を公開します。「夜の部」の拝観時間は午後5時30分から午後8時30分までで、2ヶ所を公開します。
  皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】
平成27年10月30日(金)〜11月8日(日) ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
「冷泉家」は10月31日(土)〜11月3日(火)
「法然院」は11月1日(日)〜11月7日(土)

【時 間】
「昼の部」午前9時〜午後4時(拝観受付)
「夜の部」午後5時30分〜午後8時30分(拝観受付)
※ 石見神楽と今様(白拍子)は、それぞれの公開場所でいずれかを1日1回ご奉納します。

【拝観料】
1ヶ所大人800円、中高生400円
※「東寺 講堂・五重塔」は一部拝観料が異なります。
※「龍安寺 蔵六庵」は「龍安寺」通常拝観もご覧いただけます。 .

【その他】
基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。

【お問い合せ】
公益財団法人京都古文化保存協会事務局
電話075-754-0120/FAX075-754-0122
 
  開催要項はこちら

事務局移転のお知らせ

 平成27年7月27日(月)に当協会の事務局を移転することとなりましたので、お知らせいたします。7月27日以降のお問い合わせは以下の住所、電話番号へお願い致します。

【新住所】 京都市左京区吉田河原町14 京都技術科学センター1階7号室
【新電話番号】 TEL 075-754-0120  FAX 075-754-0122

第53回 小中学生記者の文化財取材コンクール実施のお知らせ

 第53回小中学生記者の文化財取材コンクールを京都市にて開催することになりましたので、お知らせいたします。
 本事業は文化財保護の次世代を担う小学生・中学生を対象に、取材を通して文化財への関心を深め、愛護の精神を養うことを目的として昭和37年から実施している事業です。

【日時】 平成27年7月28日(火)午後1時半〜午後4時半(午後1時より受付開始)
【取材場所】 京都市考古資料館(京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町651-1)
       烏丸綾小路平安京跡(中学生のみ )
【テーマ】 ― 平安京をのぞいてみよう ―
【対象】 京都府内に在住または通学する小学生・中学生
     ※参加にあたっては先生または保護者の引率が必要です。
 
  詳細はこちら

第14回 文化財修理修復保全の無料相談会実施のお知らせ

 平成27年7月18日(土)に「第14回文化財修理修復保全の無料相談会(通称:文化財ドック)」を京都市で開催する事が決定いたしましたのでお知らせ致します。
 「文化財の健康診断」を行う本事業は、特に未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談会です。また同時開催の「匠の技展」では、文化財を育む技術を体感できる「伝統技術の体験コーナー」を設置いたします。

【日時】 平成27年7月18日(土)午前10時〜午後4時まで(相談受付は午後3時まで)
【場所】 京都テルサ 東館2階 第2・3セミナー室京都市南区東九条下殿田町70番地
【申込方法】 事前に電話・FAX及びメールにてお申込み下さい。
       ※体験コーナーへの申込みは不要ですので、お気軽にお越し下さい。
  詳細はこちら

テレビ番組「春の京都・眠れる秘宝〜探訪 非公開文化財〜」のご案内

 BS朝日とテレビ朝日映像の制作、並びに朝日新聞社の協力で、本協会が実施する「京都非公開文化財特別公開」事業及び、文化財所有者の想いや、文化財の保存修理を行う方々の苦労等を紹介し、文化財保護の重要性を伝える内容の番組が放送されることになりました。俳優、タレント、画家としても活躍中の片岡鶴太郎さんが進行役となり、文化財保護の現場を紹介していきます。
 文化財そのものだけでなく、あまり見ることがない文化財の修理現場も見ることができます。ぜひこの機会にご覧ください。

【番組タイトル】 「春の京都・眠れる秘宝 〜探訪 非公開文化財〜」
【放送日時】 2015年4月12日(日) 午後1:00〜2:00
【放送局】 BS朝日
こちらからもご確認頂けます。 BS朝日の番組ホームページ

平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開終了のお知らせ

 「平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開」を平成27年4月29日から5月10日までの12日間開催致しました。本年度もたくさんの方々にご拝観頂き誠にありがとうございました。 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当させて頂きます。
 次回(秋季)の開催は平成27年10月30日(金)〜11月8日(日)を予定しております。公開箇所等については詳細が決まり次第ご案内させて頂きます。

「京の秘宝拝観と匠の技見学講座」のご案内

 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室において「平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開」をより深くお楽しみ頂けるように、「京の秘宝拝観と匠の技見学講座」が下記の通り開講されます。
 講師による解説を聞きながら特別公開の拝観ができる内容になっております。また、文化財の修理に関わる職人さんの話も聴くことができますので、是非この機会にご参加下さい。  
 (朝日カルチャーセンター・朝日新聞社主催 )

● 伏見稲荷大社拝観と錺金具工房の見学
 日時:4月30日(木)13:00〜17:00
 講師:森本錺金具製作所代表取締役 森本 安之助
   詳細はこちら

● 石清水八幡宮で学ぶ檜皮葺の技と檜皮葺体験
 日時:5月1日(金)13:00〜17:00
 講師:宮川屋根工業代表取締役 宮川 義史
   詳細はこちら

● くろ谷金戒光明寺で学ぶ寺社修理の実際
 日時:5月2日(土)13:00〜16:30
 講師:伸和建設株式会社取締役設計部長 小西 隆夫
   詳細はこちら

この講座に関するお問合せやお申込みは、直接朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾京都教室までお願い致します。
また、同教室のホームページでも紹介されておりますので、こちらでもご確認頂けます。

■朝日カルチャーセンター朝日 JTB・交流文化塾京都教室
 電話:075-231-9693
 ホームページ:http://www.asahiculture.jp/kyoto/

平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開実施のお知らせ

 平成27年度「春季京都非公開文化財特別公開」を開催致します。
 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算67回目の開催になります。別紙の通り今回は19か所を公開します。
 皆様から頂戴しました拝観料は、貴重な文化財を未来に伝えるため、保存修理・維持管理等に充当されています。

【期 間】平成27年4月29日(水・祝)〜5月10日(日)
     ※公開箇所によって期間が異なる場合があります。
【時 間】午前9時〜午後4時(拝観受付)
【拝観料】1ヶ所大人800円、中高生400円
     ※「毘沙門堂」及び「東寺五重塔」については一部拝観料が異なる場合があります。
【その他】基本的に事前のご予約は不要ですが、15人以上の団体様は事前に事務局までご連絡をお願いします。
【お問い合せ】公益財団法人京都古文化保存協会事務局
       電話075-561-1795/FAX075-561-1791。

 開催要項はこちら

 特別公開リーフレットはこちら

第52回 小中学生記者の文化財取材コンクール審査結果のお知らせ

 平成26年8月6日に実施致しました「第52回 小中学生記者の文化財取材コンクール」において、多数の小中学生にご参加頂きありがとうございました。
 ご応募頂きました作品に関して厳正に審査をさせて頂きました結果、別紙の通り入賞者が決定いたしましたので、ご報告させて頂きます。また、各賞の入賞者と一部の作品は平成26年11月14日付の京都新聞に掲載されております。
 なお、入賞者への表彰は平成26年11月17日(月)に伏見稲荷大社社務所豊穣殿にて開催致しました。

 コンクール入賞者一覧

 

 最新のトピックス一覧はこちら

このページの先頭へ戻る

公益財団法人 京都古文化保存協会
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町14 京都技術科学センター1階7号室
Tel:075-754-0120 Fax:075-754-0122 goiken@kobunka.com